• 宅配買取
  • 刀剣書

日本刀剣全史等刀剣書をお譲りいただきました。

定本・日本刀剣全史・川口陟

買取詳細

買取エリア
埼玉県 新座志
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
刀剣書
刀剣書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

日本刀剣全史等日本刀の書籍をお譲りいただきました。

定本・日本刀剣全史・川口陟

刀剣風俗造刀技術刀剣様式全国刀 工の盛衰 刀剣説話等あらゆる角度か ら刀剣の変遷発達をとらえた比類ない刀 剣史刀剣学の泰斗川口陟の畢生の大著


「日本刀剣全史」の発刊について

本書全八巻は、先に小社が復刊して絶賛を博した『新刀古刀大鑑』の著者川口陟が遺した 原稿校数五五○○枚を越える畢生の大著である。原題に「日本刀剣文化史」とある。昭和二 十年十一月の自序があるが、それによれば、本書は大正四年から執筆がはじめられ、他の多くの著述と併行し、また幾多の事故や害にあうといった辛酸をなめながら、三十年間にわ たる研鑽のすえに完成したものである。

本書の内容はその題名の示すとおり、わが国の刀剣の変遷発達史であるが、もとより単な る通史におわるものではない。本巻だけの目次を見てもその概容を窺い知ることが出来るよ うに、各巻を通じて刀剣風俗、造刀技術、太刀様式、刀剣外装、全国刀工の盛衰、刀剣説話 等、ともかく刀剣に関することはあらゆる方面からこれをとらえ、史籍はいうまでもなく広 く全国の社寺等からも資料を採訪して詳密な考証を加えて完壁を期している。


「本書『日本刀剣全史』は遺稿では『日本刀剣文化史』の書名が冠せられていたのを改題したもの である。

遺稿は今次大戦前に長年月にわたって記されたものが大部分で、これに戦後の研究が加えられて いるため、文体はかならずしも一定していない。このため今回の出版にあたっては、当社の責任 において、原文を損わぬ程度に現代文に統一することにつとめた。 

右に関連して、旧漢字、旧かなづかいについては当用漢字、現代かなづかいに改め、また改行を – 適宜ほどこし、句読点を改めた。

遺稿は、特に図版において未整理のものが少なくない。ために当社において可能な限りその欠を補うことにつとめた。

本書の時代区分は次のようであるが、遺稿では( ) 中のようになっていたものである。 @原始時代の飛鳥・奈良時代の平安時代(王朝時代・藤原時代) F源平時代の鎌倉時 代の南北朝時代(吉野朝時代) O室町時代®安土・桃山時代の江戸時代

以上、今回の出版についての編集方針は著者御遺族の諒解を得て定めたものである。


川口まち

この原稿は亡夫陟が、ほとんど全生涯をかけてと言ってもいいほど、生前 に余暇をあげて書きつづっていたものでございます。わたくしにはその折々 の主人のすがたが、あれこれとなっかしく浮かんでまいります。

主人はいち おうこれを書き上げましてから、その出版のためにいろいろ努力をしていた ようでありますが、なにぶんにも時節も悪くて、その切なる願いもついに果 されませんでした。それでこの労作も遺稿として、長いあいだ行李の底に眠 っておりました。それをこのたび、皆様がたのご理解とご芳情とをえて、や っと日の目を見ることができるようにな り ま し た。わたくしども遺族とし て、こんなよろこばしいことはございませんし、故人も地下でどんなにうれしく思っていることでございましょう。その晴れやかな笑顔が目に見えるよ うでございます。わたくしどもにはこの仕事の内容については、なにも分か らずにおりますが、これがたとえわずかでも、わが国の斯界のために尽すと ころがあるようにと、心から祈ってやみません。故人の素志もひとえにそこ にあったわけでございますから。

そしてわたくしども遺族は、この大部の発刊の事業をお引き受けくださいました歴史図書社に、満腔の感謝と敬意とを おささげするとともに、ひろく大方のご支援をお仰ぎするしだいでございます。

昭和四十七年十一月


相州伝名作集・本間薫山博士古稀記念

相州伝名作集・本間薫山博士古稀記念

ごあいさつ

想い起してみますと、昭和初年小社が刀剣の撮影方法を工夫研究 し、同十年「名刀展」開催にあたり、その成果を問はんものと、本 間博士の御指導のもとに「名刀図譜」を企画出版しましてから早 くも半世紀を閲しようとしております。

博士が、当時、斯界第一の錚々たる刀剣学の権威であられた本先般古稀を迎えられ、勲三等に叙せられましたことは洵に御同慶にたえませんと同時に唯々時の流れの早きことに驚くばかりでございます。

この半世紀の間多くの刀剣出版の御指導を仰ぎ 皆様より定評をいたくことの出来ましたることは、偏えに本間博士の御指導御鞭撻のたまものと厚く感謝申し上げております。

この度び博士の古稀を記念し、永く博士の偉業をた、えるべく、 ここに小社は総力を結集し、「相州伝名作集」の出版を世に問うも のでございます。

大方の御賛同を得ればこの上なく幸甚に存じます。
昭和五十年二月吉日
大塚巧藝社社長 並木 武雄


佐藤寒山
相州伝名作集の発刊に期待する

本間薫山先生が目出度く古稀を迎えられたことを記念して先生とは昔から縁が深い 大塚巧藝社が「相州伝名作 集」を出版することになった。まことに刀剣界にとって慶賀すべきことである。

何と言っても相州物の研究は、薫山先生が最高の権威者であることは斯界周知の事実であって、私どもを始め、 直接或いは間接にこの面に於ては特に先生の啓蒙に預っている。

本間先生は昭和三年から文部省国宝調査室の職員となられたが、その最初に手がけられたのが相州物、特に正宗の研究であった。由来はぼ半世紀の間、古今各派の刀剣の研究を続けられたが、なかんづく正宗とその一門に 関する研究に真剣に打込まれたことは、血縁者でもあり、刀剣学の後輩でもある私が誰よりもよく知るところである。

そして正宗とその一門の究明は、相州伝上作を究める以外にはないとして、幾多の名刀に接し、嘗て本阿弥家が正宗と極めた多くの作を充分に検討し取捨選択を加え、更にこれを終極的に詰めに詰めたもの、すなわち全くの掛け値なしに正宗として正真と見るべき作は何々であると云う結論に到達されたのである。

それはまことに永い年月を費し、多大の資料を蒐集し、心血をそそがれた結果によるもので、先生にあらずんば為し能わざることであったろうとおもう。

比の度、大塚巧藝社が容易ならぬ犠牲を払い、特にB三判という未だ嘗って刀剣写真集に類を見ない大形判で、本間先生の苦心の成果を出版するということは、何物にも替え難い刀剣 界の福音であり、正宗を始めとする相州伝上位作の研究に、こよなき金字塔を打ち立てることでもある。この大塚巧藝社の空前の企画に対して、私は絶大な拍手を送りたいとおもう。

それに就いて、その豊富な内容は、內容見本に示されている通り、相州物の開拓者国綱、国宗、助真を始めとして新藤五国光に及び、更に行光、則重から正宗の出現を見、貞宗、兼氏、米国次、左、江等の相州伝上位作の 展開となるが、その最も代表的な作刀約九○口を網羅し、完璧を期されている。

それに加えるに先生の指導による後学者達の手になる実物大の巧みな押形を添えるなど、到れり尽くせりの親 切である。

私は天下の愛刀家諸君とともに、その発刊の日を一日千秋の思いで、期待に胸を張らませている一人である。

刀剣書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら