• 宅配買取
  • 図録

青木敏郎自選展・光と影・オランダ絵画の伝承等各種図録お譲りいただきました。

青木敏郎自選展・光と影・オランダ絵画の伝承/青木敏郎の世界展・光と影・古典への憧憬

買取詳細

買取エリア
埼玉県 久喜市
埼玉県久喜市の出張買取について
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
図録
図録買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

青木敏郎自選展・光と影・オランダ絵画の伝承等各種図録お譲りいただきました。今回はその中からいずれも絵画系の図録を2点紹介いたします。

青木敏郎自選展・光と影・オランダ絵画の伝承/青木敏郎の世界展・光と影・古典への憧憬

ごあいさつ
この度、青木敏郎先生の新作を含む自選展を開催 いたします。
先生は学生時代より17世紀オランダ絵画に傾倒 し、延べ7年を超える2度の滞欧生活を経て、現在 はオランダ絵画の古典技法を現代に伝える継承者と して高く評価されています。
本展は約20年の画業の中からフェルメールの模写 なども含めた代表作と新作、あわせて40余点を集め、 一堂に展観いたします。
何卒、この機会にご高覧賜りますようご案内申し 上げます。


青木敏郎の自選展によせて
富山秀男

青木敏郎はまことに特異な写実的画風を追求する画家であ る。彼の描写力の冴えは抜群といっていいが、それだけを強調 すると何かクラフトマンのように思われて誤解されかねない度 れがある。実は彼はその一方で、頑固なまでの特定な美意識の 持ち主であり、油絵とはこうでなければならぬという信念を堅 持している。そこが良くも悪しくも彼の特色となっており、最 近よく見かける腕達者を誇示するだけの細密描写の作品の中で も、断然まがう方ない独自の存在感を主張している。彼は学生 時代の出発期からこの技術と美意識の統合にはこだわりつづ け、その後二度ほど長い滞欧生活を重ねながら、ますますこの 固有の画風に磨きをかけてきた。すなわち彼の美学にかなう表 現とは、何より明暗の諧調を精妙に整える空間性の再現と、も のを飽くまで面としてとらえるやり方である。端的にいうなら、 それらの画法を彼は17世紀のオランダ絵画から学んだのであ り、そこに油絵としての美の理想を信じて疑わない態度なのだ。

ところで私がこの画家の名前を覚えたのは、本人に会ったり 作品を見たりするより前の、とある会話の中でだった。いまか ら15年前、私は作品借用という難しい用事でオランダの首府ハ ーグにあるマウリッツホイス(王立美術館)を訪ねたのだが、 そのとき会った同館館長との余談の中で先方から彼の名がでた のである。

「日本にはもの凄くうまいコピイストがいる。名をア オキ・トシローというのだが、うちの『デルフトの眺望』(フェ ルメール作)を半年がかりで模写していった。その出来栄えが 驚くばかり良かったので、買うから置いていけといったのだが、 その男は応じなかった」、と。「何歳ぐらいの人ですか」と訊い たら「まだ非常に若い画家だった」との答。「しかしあの模写は いまだかってあれに及ぶものを見たことがなかったほど素晴し かったなあ」と、いかにも惜しそうにいわれたのである。


こちらも同じく青木敏郎氏の図録になります。
青木敏郎展・光と影・古典への憧憬 価格表も付属しておりますので、展覧会と同時に即売もされていたのでしょうが、絵そのものはさすがに高価ですね。

青木敏郎展・光と影・古典への憧憬

ごあんない

この度天満屋では美術部創部80周年記念として、青木敏郎先生の個展を開催させていただきます。

青木先生は、長年の滞欧生活で西洋油彩画の伝統的技法、デッサンを研究されました。

その間、フェルメールやレンブラントに代表される17世紀オランダ古典絵画の模写に努め、培った古典技法と理論から写実絵画の本質に迫る作品を発表し続け、今日高い評価を得ておられます。

本展では、精緻な筆触と秀麗な色調で描かれた静物画・風景画を主題にした珠玉の作品約30点を一堂に展観いたします。

何卒、ご高覧賜りますようご案内申しあげます。
2011年11月
天满屋美術部


朝鮮通信使と民画屏風・辛基秀コレクションの世界
この展覧会は辛基秀氏のご厚意に感謝し、ご寄贈いただいた資料を披露する とともに「辛基秀コレクション」の全貌を紹介するものです。

ごあいさつ
二一世紀の幕があけた今年、大阪に新しい博物館が誕生しました。大阪歴史博物館は大阪城内の大阪市立博物館を継承する歴史系総合博物館ですが、大化 改新による難波遷都以来一五〇年にわたって日本の首都・副都として重要な役割をはたした難波宮の遺跡を保存し活用するという大きな役割も担っておりま す。今後の皆様のご利用とご支援をお願いする次第です。

さて、大阪歴史博物館の開館第一回の自主企画特別展として「朝鮮通信使と民画屏風—辛基秀コレクションの世界―」を開催いたします。江戸時代、一二回にわたって朝鮮国からの外交・文化使節団である朝鮮通信使がわが国にやっ てきました。鎖国政策をとっていた江戸時代の日本が、中国・オランダの貿易以外に朝鮮国と対等で正式な外交関係を結んでいたことはあまり知られておりません。辛基秀氏は長年にわたって朝鮮通信使の現代における意味を問いつづけて関係資料の発見と収集に努めてこられ、一九九七年には朝鮮通信使の歴史 普及の功績によって第三二回大阪市民表彰(文化功労)を受賞されました。

「基秀コレクション」は朝鮮通信使関係資料一一○点と、朝鮮王朝時代に庶民の日常生活のなかから生まれた独特の美で知られる民画屏風三五点から構成されております。大阪歴史博物館ではこのたび、辛基秀氏より開館を記念してコレクションのなかから「正徳度朝鮮通信使行列図巻」など三点の貴重な資料をご寄贈頂きました。また同氏が収集された残る資料についても今後永く本 館で保管し活用させていただくことになっております。

この展覧会は辛基秀氏のご厚意に感謝し、ご寄贈いただいた資料を披露する とともに「辛基秀コレクション」の全貌を紹介するものです。大阪は朝鮮通信 使が海陸路の中継地として往復とも数日滞在した朝鮮通信使と関係の深い土地 です。

来年には日本と韓国が共同でサッカーのワールドカップが開催されます が、これを機に改めて近世の国際交流や隣国の庶民文化に触れることは私たち に大きな示唆を与えてくれるものと思います。開館にあたりこの様な機会を与 えて頂きました辛基秀氏に改めて御礼を申し上げる次第です。
大阪歴史博物館

図録買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら