• 出張買取
  • 武道書

忍秘展・初公開沖森文庫所蔵忍秘伝書の全て等武道書買取させていただきました

忍秘展 初公開沖森文庫所蔵忍秘伝書の全て

買取詳細

買取エリア
埼玉県 さいたま市浦和区
埼玉県さいたま市浦和区の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
武道書
武道書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

さいたま市浦和区で忍秘展・初公開沖森文庫所蔵忍秘伝書の全て等武道書他4箱買取させていただきました。今回は紹介させていただくのは忍秘展・初公開沖森文庫所蔵忍秘伝書の全て。正確には「しのびひてん」と読みます。相当コアな一品です。展覧会の図録ですので部数は少ないものと思われます。

忍者の本と言えば、子どもの向けの本が多いのですが、この本は子供向けではなく、沖森文庫の忍術関係資料を初公開した伊賀流忍者博物館編集による展覧会の図録になります。楠家兵術忍書・伊賀忍術・甲賀忍術・地方忍術・火術関係の4セクションに分け、各種資料を解説するものです。いうまでもなく、忍秘伝・万川集海は含まれていますが、正忍記は含まれておりません。以前当店で販売した際には予想通り海外からの購入でした。
忍秘展 初公開沖森文庫所蔵忍秘伝書の全て

故沖森直三郎氏は関西屈指の古書肆であり、俳諧等の国文学や忍術、伊賀郷土史料の蒐集と研究でも著名な伊賀の碩学であった。蒐集の 史科書は怖観本も多く蔵され、いつからか沖森文庫として総称し、御遺族が保存管理されている。伊賀と関連の深い、国文関係の一部史料 については、既に伊賀市立上野図書館に寄託されており、現在整理が進行中である。 この度、御遺族である沖森卓也氏(立教大学教授・文学博士)より格別の御配慮を賜り、その所蔵史料より忍術関連文献を借用して、伊賀上野観光協会、設立五周年記念事業の一環として、「忍秘展」と名づけ公開させて頂くこととなった。 この場を借りて、貴重な史料の借用展示を快諾下さった、沖森家の方々に深く感謝申し上げる次第である。

文庫の忍術史料は、昭和四十六年、「服部半蔵所伝忍秘伝附家蔵忍術文献書目解題」として、忍秘伝の影写本が沖森書店より上梓 され、他の忍術史料と共に、故沖森氏により簡解を付して紹介がなされている。しかし、その蒐集文献の殆どは、今まで一般の眼にふれる ことは殆無く、希有な史料として公開が切望されていた。沖森文庫所蔵の忍術関連史料は、史書や版画も含め多岐に渉っているが、今回 はいり料に限定して展示紹介させて頂くこととなった。

忍術は、室町より戦国期にかけて、全国各地の武士達が工夫を凝らした、諜報、・謀略・破壊等の特殊な軍事技術として存在した。 伊賀、甲賀武士により大成された忍術は、江戸期には兵法や武術の一分野として、伊賀流・甲賀流等を称え、他にも全国には、その発祥を 異にする多数の流儀が存在したとされるが、その多くは伊賀・甲賀の流れを汲んだり、影響を受けて成立しているようである。

また、伊賀・甲賀地域は隣接しており、古代より人的・文化的交流が多く、修験道等の宗教や、中世における当地域の独特な自治共和制、「伊賀惣田一揆・甲賀郡中惣」に見られるような組織化においても共通性や連携がみられ、忍術についてもその起源を同一にするとさ れており、伝えられた忍術史料を比較しても内容的には大きな差異は無い。

「忍秘展」では、伊賀・甲賀共通の秘伝書や、伊賀流、甲賀流は勿論、他の地域に伝承された諸流派を含めて、山緒書や忍術に関する理 味ある稀観文献を選定して展示している。

忍秘展を見学の諸氏が、忍術について興味を持たれ、地域史や、往時の忍者、忍術の実体についての理解を深めて頂ければ幸いである。

ごあいさつ – 沖森文庫の忍術関係資料 ―

沖森文庫は、沖森真二郎が郷土伊賀に関係する典籍文書を中心に収集したコレクションである。

一部は、明治十一年(一八九八)に三重県伊賀市(旧、阿山郡大山田村)鳳凰寺に生まれ、長じて大阪船場の古書肆鹿田松雲堂に入 した。この弘化元年(一八四四)創業という関西屈指の古書肆において、古書に関する知識だけでなく、古典籍の保護や文化活動こそが 重要であることを心に刻みつけたのであった。昭和三年(一九二八)に故郷上野に戻り、独立して古書肆沖森書店を開業した。その後、上 野中時に次を構え、在庫目録による通信販売を通じて全国の学者・文化人を顧客とした。古書の売買を生業とするかたわら、地域文化の 高減をめざし、競土史研究に邁進し、また、伊賀に関係する書籍もたびたび自費で覆刻出版した。平成二年(一九九〇)、天寿を全うした。

こよなく、郷土を愛した直三郎は、伊賀と関係の深い資料を広く収集することにも努めた。とりわけ、忍術は文化的に低級なものと見られがちではあったが、伊賀に特有のものとして愛着を抱くことは並々ではなかった。忍術はまさに秘伝であり、写本で伝わるものがほとんどであるため、この種の書には親本が多い。長年収集し、コレクションと言われるほどになった結果、その蔵書が世に知られるところとなり、整備に関する特別展などに請われて展覧に供することがしばしばあった。本文庫の忍術関係資料は、おそらくこの種のコレクションと しては有数のものであろうと聊か自負している。

沖森文庫は伊賀の文化振興に寄与すべく存在するものである。そして、伊賀の活性化の一助になることがこの文庫の使命でもある。多く の人たちがこれによって伊賀に触れ、伊賀を知り、伊賀を愛する契機とならんことを切に願ってやまない。

武道書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら