• 出張買取
  • 茶道書

茶道古典全集など茶道書4箱買取させていただきました

茶道古典全集・千宗左監修

買取詳細

買取エリア
埼玉県 さいたま市浦和区
埼玉県さいたま市浦和区の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
茶道書
茶道書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

埼玉県さいたま市浦和区にて茶道書など4箱買取させていただきました。今回紹介させていただくのは茶道古典全集です。千宗左総監修で本来は12冊になります。限定2000部で発行されたもので文字通り茶道の古典をまとめた全集ですが、日本のみならず中国茶道の古典なども収録されております。今回は1冊かけておりましたが、最近は見かけることも少なくなってきましたのでできるだけ高めの値段をつけさせていただきました。ありがとうございました。
茶道古典全集

日本の茶道は、その成立のはじめから今日までの間に、日本人のあらゆる生活分野に滲透し、心の欣びと豊かさをもたらし、日本独自の文化的遺産ともな り、また固有の生活體系をかたちづくるまでに到った。

現今の茶道の隆昌も、このながい茶道の歴史に負うところであり、傳統の力 に依るものと信じたいのである。即ち、茶道の大成するに至るまでには多くの 先人の撓みなき勵みの賜があると言える。これには、古くは中国、唐宋の古え より和漢を通じて今の日に到るまで、茶道に捧げつくされた先匠の遺方を思わねばならぬと考えるのである。

茶の道を究めること、如何に遠く且つ難かしいかは、それぞれこの道に励ま

れた先匠の述作にもうかがわれる。古典を縮くの要またここにある。 したがって茶道の真髄に到らんとするには、まず茶道の成立するところ、またその傳統を顧みればならない。ここに茶道にあって古典が重んぜられる所以がある。

古典は、既成の文化の宝庫であり、新しい文化が生れる母胎であると言え る。それは、ながい歴史をもつ茶道に於て、最も痛切に感ぜられる所のものである。しかも古典はほろび易く、ともすれば忘れられんとするみがある。

幸に今日、これら茶の古典の集大成を見るに到ったが、これが、茶道のかがみとして、現代の茶道をてらし、又将来の正しき茶のあり方を示す灯びとならんこと言うものである

茶道書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら