• 出張買取
  • 図録

大東京写真帖等4箱買取させていただきました。

大東京写真帖・昭和5年

買取詳細

買取エリア
埼玉県 富士見市
埼玉県富士見市の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
図録
図録買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

埼玉県富士見市にて戦前の写真帖等4箱買取させていただきました。
埼玉県富士見市にて買取
買取の対象はもちろん古書一般ですが、こういった古いものも買い取ってくれるのかと思われる方もいらっしゃるかと思いますので、いくつか戦前の写真帖・古書を紹介させていただきます。関東大震災関連の本は多数発行されています。しかし関東大震災画帖は臨時号ですので発行部数がおそらくは少なかったためか、あまり見かけません。

関東大震災画帖

関東大震災写真帖と大東京写真帖
関東大震災画帖・講談と小説臨時号

上半身黑焦げ
步兵三聯隊の軍服を着た兵士が一人いきなり 吉原公園 病院との間の道路にある水道の給水 管中にもぐり込んだ、やっと全身は埋ったが猛火は鐵の蓋を真赤に焼いた、苦悶の兵士は下か ら鐵蓋を押しのけ立ち上った、すぐ胴から上が まっ黑に焦げて死んだ胴から下には生々と軍服がそのま残っていた。

巡査が命の親
芳町のある営者が子供一人を抱え二人をつれ座敷着かうんと持ち出して新大橋の上に避難しやうとして橋の入口まで來た、頑張ってゐる巡査が荷物をもっている 者は通さぬ』といふので、無念ながらきれいな物を皆溝にすてて橋の中央にのがれた。『今から考へると荷物を捨てさして呉れたあの巡査かありがたい』と語っている

生首を抱く若い二人の美人 
横濱から避難民を満載して解纜した多數の避難民の中にまたうら若い二人の美しい婦人が打ち沈んでいた。ただ一つ宛排とかかかへて居る小さい風呂敷包の他には、全く着のみ着のまの惨めな姿は特に人々の目を惹いた が其の內に同船者は彼女等の風呂敷包から『変な臭いがする人間の臭いがする』と騒ぎ始らた。全くそれは人間の死體から發する異臭に違ひなかった。船長が出て來た其時はモゥ真蒼な顔して操えて居る二人の女をなだめすかして 夫々の風呂敷包を開かせた。途端に二つの包みから血に染み半ば腐瀾した男の生首が二つ物凄くも轉がり出した。彼女等は『これは私達の夫です。せめて顔だけでも故郷の人達に見せ様 と思って….何卒皆樣許して下さい・・・』と泣き崩れた。

大東京写真帖

全半壊、焼失、流失、埋没などの被害を受けた住宅は計37万棟、10万5000人以上の死者・行方不明者が発生。関東大震災では、人的被害の9割が東京・横浜に集中と言われ、東京はまさしく壊滅的打撃を受けたわけですが、その惨状を伝えているのがオレンジの表紙の関東大震災画帖で、そこから不死鳥の如く甦った東京の姿を伝えているのが後者の大東京写真帖です。いくつか写真を掲載します。

この寫眞帖を見られた人々は、東京が革命的な外觀的變化をしたことに感嘆されるであらう。 それはまったく東京 生れの、東京ッ兒でさへが驚く有樣であるから、古い寫眞 帖で東京を見てみた地方の人々は更により大きな驚きを感 ぜられると思ふ。 

新東京を概觀すると、道路の總坪數が震災前までは二百 八十萬坪であつたものが、今では全道路坪數が全市總面積 の二割五分を占めることとなり、口ンドンの二割三分を変 駕して、世界一を誇るパリの二割五分と比肩するのだから、これだけでも世界一か二とまで偉くなったわけだ。 品川から千住まで延々として貫く道路。十三口半、街路にはプラタナスの並木が街を緑化してゐる。 そしてその 街の方右に立ち並ぶ建物は、表現派、分離派、 ライト式、 ロマネスク、正統派、日く何々派に何々式等々々で、その 變化に富んだことは、世界建築のデベアトを開いたかの觀 がある。 

一部の都市美研究家は、「東京はまだまだ汚い」 といふが 裏から裏を見ればそれは完全ではないかも知れないが、道路、建築、公園等を見れば、何といっても革命的に美化したものである。どうぞ、 東京人が彼の震災から焼野ヶ原と化した、その焦土の上に涙ぐましい努力努力の結晶として 打ち建てた新東京の姿を見てやって下さい。

こちらは昭和33年版・東京都区分地図集・等高線・番地入。昭和33年ですので古地図というほどではないのですが、昭和33年で23区揃いものはあまりないかもしれなせん。
昭和33年版・東京都区分地図集・等高線・番地入

こちらは気になった仏教書です。平成校定・平成校定日蓮大聖人御書・3冊

平成校定・平成校定日蓮大聖人御書・3冊
真偽系年等の観点から尤も信頼し依用するに足る本格的御書・大聖人の仏法の真価を発揚すること絶大


発刊の辞
宗旨建立七百五十年の大佳節を奉祝する記念事業の一環として、吾が宗門より「平成校定日蓮大聖人御書」を発刊する次第である。

顧みれば平成六年七月に「平成新編日蓮大聖人御書」を発刊したが、これは一般普及の目的による編纂であり、従って漢文の諸御書をすべて仮名書に 改め、また書誌学的な諸考証等の記載も殆ど省略してある。

これに対し此の度の平成校定御書は、出来る限り御書原文の形体を表現す く意を用いたのである。その一つに御真蹟のある御書について、漢文体は すべてその形にして返り点・送り仮名を付し、また和文体の原文も出来る限 り忠実に聖文をそのまま表示することに努めた。更に御真蹟が失われた御書については種々の写本刊本等について、諸々の異同を比較してこれを脚註に 示すなど、書誌学的な考証にも充分に意が注がれてある。

次に各御書の系年及び真偽判定については平成新編御書と同じ(但し『上野尼御前御返事』は系年を変更)であるが、この成果についても本格的な御 書編纂の要意事項として従来の自他門の編纂御書に対し、一頭地を抜くもの である事を確信する。特に此の真偽に関する取り扱いとして、真蹟と判定さ れる御書は勿論正篇中に載録し、また偽撰明了なるものは除外したが、真偽 未決と判ぜられる各書については、法味含蓄の必要性より敢えて第三巻巻末 に載録して読者の参考に資する事とした。

蓋し本御書の根本的な編輯の基本精神は、あくまで大聖人より日興上人以 下歴代上人に継承される血脈相伝の仏法に存する。この中心筋目より拝照す る処、各御書の文義はすべて滞りなく明確に会通されるが、これより外れた熟脱仏法執著の観点からは、諸御書の文義は矛盾錯雑し、一つの帰結点に通 ずることができないのである。故に大聖人御一期の化導の正意に背き、本尊 雑乱して始末を顛倒するに至っている。

もとより大聖人の御書には従浅至深、五段の相対あり、判摂名字、宗旨の 秘鍵あって、相伝の眼識に依ってこそ始めてこの正意に額突く事を得るので ある。されば大聖人より日興上人への法門相伝書も平成新編御書と同じく輯 録し、特に平成新編御書に省いた「御本尊七箇之相承」も加えてある。従っ てその全貌を信の一字を根本として拝する時、宗祖大聖人一期の施化の次第 とその正義は自ずから明白なりと云えよう。

以上述べてきた如く、此の「平成校定日蓮大聖人御書」は相伝の本義の上 からも、書誌学的な考証の面からも、特に真偽系年等の観点から尤も信頼し 依用するに足る本格的な御書であり、大聖人の仏法の真価を発揚すること絶大であると信ずる。その意義ある刊行が今回の大佳節になされたのである。

謹んで仏祖三宝に供え奉ると共に此の御書の江湖に依用の多からん事を祈 り、且つ、編纂に当たった各位の労を稿い、一言発刊の辞とする。
平成十四年四月二十八日
日蓮正宗從本山六十七世日頭謹記

図録買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら