• 宅配買取
  • 図録

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて等各種図録お譲りいただきました。

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて

買取詳細

買取エリア
東京都 杉並区
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
図録
図録買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて等各種図録お譲りいただきました。今回もいくつか珍しめの図録を何冊か紹介いたします。

定信と文晁・松平定信と周辺の画人たち
松平定信という著名な政治家を、一個のすぐれた文化人として再発見することにしてみたい。そういうねがいがみのって、この企画展になりました。

企画展の開催によせて
松平定信という著名な政治家を、一個のすぐれた文化人として再発見することにしてみたい。そういうねがいがみのって、この企画展になりました。 

定信は宝暦八―文政十二年(一七五八―一八二九)の人です。政治家としては「寛政の人」なのですが、文化人としては「化政度(文化・文政時代)の人」です。まさに「文化の人」だったのです。平成文化の秋にふさわしい「文化人」の再発見と言わねばなりません。

谷文晁という人、亜欧堂田善という人あたりまでは、わたしたちの知識にあります。しかしそのほかにも、どのようにすぐれた画人たちが、このよき文化指導者の周辺にあってその再評価を待っているかを、わたしたちはこの展示によって知らされるはずです。

「寛政改革」の次は「文化改革」。そんな思いで、この企画展を楽しんでいただきたい。
平成四年十月十七日館長 高 橋 富 雄


定信と文晁 松平定信と周辺の画人たち

はじめに 江戸時代も半ばを過ぎると幕府による封建支配体制の矛盾が様々な形で 露呈し始め、さらに外国船の度重なる来航が日本の鎖国を脅かしました。 

白河藩主松平定信はそうした難局を乗り切るため老中首座の重職に就き寛 政の改革の中心人物として幕藩体制の建て直しに当たります。しかし封建 支配体制の動揺が市民社会の成熟と商業資本の発展に根差したものである 以上、賄賂政治として定信が否定した田沼意次の政策も一面では時代の要 請によるものであったのです。こうした状況にあって実施された寛政の改革は結果的に反動的・保守的色彩を持たざる得ませんでした。しかし寛政 異学の禁や出版物の統制、奢侈の禁止などの政策を通して定信の文化政策 が過剰な文化統制・思想弾圧のみであったと捉えると、定信の果たした文 化的貢献は見過ごされてしまいます。

今回の企画展は松平定信と彼の周辺 の画人たちの作品によって定信の美術観と定信周辺の画人たちの活動を紹 介し、松平定信の果たした文化面での業績をあらためて見直そうとするも のです。『樂翁公傳』の著者渋沢栄一は定信を残して「大人の風格眞に質仰に堪へざるものあり。」と述べています。本展を通して僅かでも定信の 文化に対する姿勢を理解し、その「大人の風格」を感じ取っていただけれ ば幸いです。


たまたま東大寺の図録が3冊入りました。東大寺の図録は東大寺のすべてをはじめとして、比較的入手しやすいものが多い。今回はその中でも珍しめの図録を2冊紹介します。

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて
今回は、三ヶ年かけて修理の成った国宝・東大寺金堂鎮壇具を一括して、特別展「国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて」として展示公開することといたしました。

ごあいさつ
東大寺ミュージアムでは、東大寺に伝わった仏像や聖教、工芸品などを収蔵・展示しております。東大寺の諸堂と同じように仏さまを中心とした祈りの空間を作り、そこで東大寺の歴史と美術を理解していただけるように工夫しております。

はじめてこのような古い仏さまなどをご覧になる方にも、親しみや興味を感じていただけるような展示を心がけており、より深い知識を求められる方には解說図録も準備しております。

このミュージアムであらためて、仏さまの新しい魅力や美しさを感じ取っていただければ幸いです。

今回は、三ヶ年かけて修理の成った国宝・東大寺金堂鎮壇具を一括して、特別展「国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて」として展示公開することといたしました。この鎮壇具のうち「金銀荘大刀その一」と「金銀荘大刀その二」は、平成二十二年(二○一○)秋の元興寺文化財研究所による修理調査の際に、「陽劔」「陰劔」の象嵌銘が発見され注目されたものです。これらは、正倉院宝物の記録である『国家珍宝帳』に「陽賓劔」「陰寶劍」として「御大刀壹伯口」の筆頭に記載されている大刀そのものであり、天平宝字三年(七五九)十二 月に除物として正倉院から出され、その後ふたたび大仏さまにささげられ埋納されたものです。

このほかにも、刀身に北斗七星文のある大刀や、鞘に華麗な平脫文様のある大刀も出土しています。これらの貴重な出土遺 物の展示を通して、天平の人々に想いを馳せていただくことができれば幸いです。
平成二十五年三月
東大寺


大仏開眼・東大寺の考古学
これらの文化財を保護するため、一九九〇年から約十ヵ年にわたって防災工事が行われました。この工事に先だつ発掘調査は境内の各所で東大寺千二百五十年の歴史を浮彫りにいたしました。

「大仏開眼―東大寺の考古学―」開催にあたって

今から千二百五十年ほど前、国家の威信をかけた大プロジェクトが行われました。東大寺盧舎那仏の造立事業です。咲く花の匂うが如しと謡われた奈良の都は華麗をきわめましたが、一方では反乱、天災、疫病の流行など社会不安が続きました。聖武天皇は累年の災厄を払い国家の安定をとりもどすため仏・法・僧の三宝にたよることを考えました。各地に国分寺を建て、総国分寺として「金光明四天王護国之寺」東大寺を建立することです。

それから千二百五十年近くたちましたが「奈良の大仏さん」として今も多くの人々の信仰を集めるとともに、東大寺は『世界文化遺産』に登録されるなど価値の高い文化財が保存されています。これらの文化財を保護するため、一九九〇年から約十ヵ年にわたって防災工事が行われました。この工事に先だつ発掘調査は境内の各所で東大寺千二百五十年の歴史を浮彫りにいたしました。

また大仏殿回廊西側で行った発掘調査では、丘陵を切断した整地工事から、大仏鋳造過程、資材の調達、そして労働者の病気対策など大プロジェクト事業の裏面が解明されました。

本展はこの東大寺防災事業に伴う発掘調査の成果です。最後になりましたが、格別のご協力をいただきました東大寺に感謝を申し上げますとともに、ご協力いただきました関係機関と各位にお礼申し上げます。

平成十二年十月七日
奈良嘿立櫃原考古学研究所附属博物館
館 長泉森酸

図録買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら