• 出張買取
  • 書道書

小林斗庵・小篆千字文等書道書お譲りいただきました。

小林斗庵・小篆千字文

買取詳細

買取エリア
埼玉県 さいたま市北区
埼玉県さいたま市北区の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
書道書
書道書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

小林斗庵・小篆千字文等書道書お譲りいただきました。小林斗庵の本は以前1度紹介させていただいたことがあります。ご興味ある方はこちらもご覧ください。

小林斗庵・小篆千字文

小篆千字文を書いて
篆書の千字文を書きませんかという甘言に乗せられて、それでは小篆千字文の決定版を作ってやろうと、この二月から作業に入った。 千字文の作品は、智水の真草千字文以来、名家の作品も多いが、篆書のそれは意外に少ない。然も清朝に入ってから漸く書かれたようで、私 の知る限りでは、王虚舟、呉譲之、翁同蘇、王福園、わが国では西川春洞、内藤江月など、数える程しかなく、その上公刊されないものが多い。

初学が家書を学ぶには小篆から入るのが常識といってよいが、純正な小篆様で書かれた千字文は、呉譲之(未刊)と内藤江月の二種のみとい ってよい。ただ前者は緊密な構成に欠け、後者も結体や分間の問題に対する配慮が足りない。

小篆の構成は、縦画は垂直に、横画は水平に、左右相称に、点画は太細のないようにすべしと言われ、唐の李陽冰による玉筋象が理とされて、清朝の中期まで伝承され、針金を折り曲げたような無味乾燥なものになってしまった。 榮家を現代に復活したと称される鄧完白でさえ、五十歳の頃漸く堅苦しい玉筋篆から解放されて、晩年の剛毅奔放な境を開拓したのである。

左右相称的な規範を脱却して、自然な運筆、恣意的な結体を試み、秦篆の精華を現代に蘇生させた。鄧を尊敬した包世臣の『安呉論書』によっ て、その書は解析され、清朝第一の作家と称賛された。 包の弟子呉譲之によって都雅に洗練され、つづく趙之謙は前述の法則などを無視した、自在闊達の境を拓いた。 小象という書体を他の書体と伍して、観賞の対象とすることが出来たのは、右の三家以後といってよいのではないか。より古い金文などの書 体も、この開放的な風潮を承けて、さまざまな意匠を展開することが出来たといってよい。

さて、小家 予文を書く段になって、先ず考えた。第一に小篆の手本という命題を担うので、呉譲之もよし趙之謙もよしと、あまり自分の時灯に片寄ってはいけないことになる。結局、温雅で純正な呉譲之あたりを標準にすることで、草稿を作りはじめた。 -これより先、千字文は梁の時代に作られたので『説文解字』にない文字が大分ある。それをどうするか、先人の作品を彼此参照して字形を決 めていった。又、「〇文」の字形で明らかに間違っているものは、不徹底ながら少しく訂正しておいた(例=高・長・章・回)。

本来、水中に書くべき横画が、とかく右肩上りになる、左右相称はあまり気にしない、比較的書写の速度が早いので、末筆が縣心針象になる等 等、規格にそむく書きぶりが多いから、習う人は適当に勘案して欲しい。又、千字をつづけて一度に書くのは到底困難な業で、時を隔てて書き 継くという過程で、主人用筆結体等の一貫性を欠いたようだ。

書道書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら