• 宅配買取
  • 仏教書

日蓮聖人門下歴代・大曼荼羅本尊集成他仏教書お譲りいただきました。

日蓮聖人門下歴代・大曼荼羅本尊集成

買取詳細

買取エリア
東京都 墨田区
東京都墨田区の出張買取について
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
仏教書
仏教書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

日蓮聖人門下歴代・大曼荼羅本尊集成お譲りいただきました。ありがとうございました。

日蓮聖人門下歴代・大曼荼羅本尊集成

日蓮聖人の筆になる曼荼羅本尊は日蓮宗宗宝調査会で調査登録されているが、他方、立正安国会では日蓮宗各派及び個人所蔵のものに至るまでこれを採録し、これを勝妙版コロタイプに印行して「日蓮聖人御本尊集」と号した。その数一二三葉に及んでいる。また、近来宗宝調査会は新しく三幅の御本尊を発見登録したが、安国会出版の御本尊写真によって聖人の本尊勧請形態、花押変化、授与書による弟子・檀那等をうかがい知ることができるようになった。これらはいうまでもなく聖人の教学・周囲をめぐる人物や門下僧俗の調査、研究に関する第一級の史料として重要であるばかりでなく、本尊の勧請形態の変化は聖人の信仰内容の鑑として、宗学上重要な示唆を与えるものとして注目されている。

このように、御本尊写真集は諸方に散在している門外不出の本尊をまのあたりにひらき拝し、聖人の息吹きをしたしく感じつつ、これらを手にとって巨細に鑽仰することができるという至便を研究・鑽仰者に与えている。

ところで、聖人直門の諸先師乃至孫弟子、また法華宣布に死身弘法の法勲をのこし、宗 旨・教学・法式・律儀に不滅の名を伝える諸先師留魂の御本尊が、聖人の御本尊集のよう に我々の目前にあつめ拝することができないであろうか、このことは多くの人々の心から 希求するところであったと思われる。

日蓮宗では大正の始めのころ日蓮宗宗宝調査会が組織され、稲田海素・影山虎雄・昇塚清研等諸師により聖人並びに先師の遺墨・遺品を調査・登録したが、これにともない、特に先師の本尊を蒐集すべく努力が重ねられた。かくして宗門上代の宗祖直門諸先聖の遺墨、 南北朝期、室町期にわたり京都を中心に爆発的な展開をとげ、これを中心に中国・九州・四国に拡張、更に関東に還り東北方面にまで伸展した各門流、諸派の著名な諸師の遺墨があつめられたのである。しかしながら当時は写真技術・器具・乾版等形態・重量、そして調査費用の限度からその代表的なもの数点しか撮影することができず、品目の登録はできても本尊類はなかなか集積することができなかった。しかも、交通は主として汽車の便によるより方法がなかったから、鉄道から離れた地方や山の中に分け入ることは、特別の箇所でないかぎり殆んどできなかった。

戦後、昭和二十四、五年のころから宗宝調査が再開され細々ながらつづけられたが、間もなくカメラ、フィルム、車による交通事情の好転で登録調査、撮影は極めて好転し、順調かつ多量に蒐集することができるようになり、かくして日蓮宗諸派諸本山はじめ諸寺格護の霊宝、本尊類の実態がおおむね把握できるに至った。ここに有志が集まって先師本尊写真製版のことが議せられ、この方面では斯界の第一人者である大塚巧藝社に依頼して、諸山を訪ねて精緻な写真をとることになった。

かくして六老僧・中老僧等の諸師、日朗門下にして聖人より摩頂付属をうけ、辛酸のすえ妙顕寺をひらいて京都法華宗の祖と仰た日像をはじめとする九老僧、備前法華の祖といわれる日像門下の大覚妙実をはじめとし、妙顕寺門家(いわゆる四条門流)よりでた諸師、また足利氏の一族としてその外護をうけ、日像より少しくねくれて京都に本国寺を創し六条門流の祖となった日静とその門家、また、足利義教に法華正義を諫暁して言語に絶する責苦を受けながらもついに屈せず「鍋冠り日親」の名を京內外に轟ろかせた日親、あるいは身延中興「朝意伝三師」といわれた日朝・日意・日伝の揮毫した大曼荼羅本尊の写真が鋭意蒐集された。さらに妙満寺門流(顕本法華宗)派祖日什、八品派(法華宗本門流系諸山)祖日隆、本隆寺派(法華宗真門流)祖日真、本成寺派(法華宗陣門流)祖日陣等諸門流の開祖とその門家諸師、これら諸師をおおむね徳川時代初期を限りとして集成したのである。

まず、これを第一集としてこのたび刊行するに至ったが、その載録するもの二百二葉に及んでいる。しかも、日蓮聖人門下歴代上人が書き継がれたこれらの大曼荼羅本尊については斯学の権威者がそれぞれに健筆を振って解説を施して、讃仰に資せんとしている。

この御本尊集は多くの先学先匠が試みようとしつつ、ついになしえなかった画期的な事業で、日蓮宗の教義・歴史、人物の研究・鑽仰には不可欠の第一史料となることは疑いない。本集につづいてこれに載録しきれなかった諸師及び徳川時代に活躍した門家諸師の本尊集の続刊を予定している。

この出版は宗祖七百遠忌記念として本化御門下に連なる編者一同が、ささやかながら報 恩の一塵・一滴に擬せんとするうのである。

昭和六十一年三月令日 宮崎 英 修


聖徳太子分科経文・維摩経義疏・全訳

維摩詰所説経三巻 

本経は姚秦の弘始八(西暦四〇六)年、鳩摩羅什によって飜訳さ れた。現在もなお支謙訳(西暦二二ー二五三)の仏説維摩詰経二巻、玄奘訳(西暦六五〇)の 説無垢称経六巻の異訳二本も伝わっているが、羅什訳の流麗明快なるには及ばぬ。したがっ て一たん羅什訳の成るや、その深遠なる思想と巧妙なる構想とにあわせて、大乗仏典の方と して広く且つ久しく流伝した。

また羅什や僧肇、道生等の古注を集めた注維摩詰経十巻とと もに、慧遠の義記八巻、智頭の玄疏六巻、湛然の略疏十巻、智円の垂裕記十巻、吉蔵の玄論八巻並に義疏六巻等、古来数多の注釈がなされた。南北六朝の高僧約三百人についてみても、 法華経や涅槃経についで、維摩経は広く講置され、読誦され、また注釈もされた。

梁の三大 法師、法雲、智蔵、僧文の如きも、釈尊一代の経典を比較分類した三教五時教判のなか、阿 含有相教、般若無相教についで、維摩経を第三抑揚教として代表せしめ、同帰教の法華経と 常 住 経の涅槃経に比肩せしめた。聖徳太子の法華義疏のなかにも、衆経の現序不同の数例として、 涅槃経についで、維摩経の献蓋現疾と勝鬘経の乞食遣書とが挙げられている。

仏教書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら