• 出張買取
  • 歴史書

太宰管内志など歴史書お譲りいただきました。

太宰管内志

買取詳細

買取エリア
埼玉県 鴻巣市
埼玉県鴻巣市の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
歴史書
歴史書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

太宰管内志など歴史書お譲りいただきました。伊東常足著の3冊本で明治41年の復刻版になります。ありがとうございました。

太宰管内志

江戸時代の筑前国では、地誌の類が他国より比較的多く編纂されている。元禄期の貝原益軒『筑前国続風土記』、寛政期の加藤一純・鷹取周成『筑前国続風土記附録』、天保期の青柳種信『筑前国続風土記拾遺』、ほぼ同時期の伊藤常足 『太宰管内志』がその最たるものある。これらは益軒の『続風土記』をいわば祖型として、以下はそれを増補改訂するといった形態をとっており、参互すれば稗益されるところ大である。

ところで、右の内いわゆる三大地誌に比して『管内志』は国書漢書その他古文書類からの引証がきわめて豊富で、記述の対象とした領域も、筑前国の詳述が際立っているとはいえ、九国二島すなわちほぼ全九州に及んでいる。したがって参照に値する部分は、三大地誌をはるかに凌ぐといってもあながち過言ではない。

そうした事情もあってか、『管内志』 は過去五回にわたって印行され、斯界の要請に応えてきた。1明治四一~三年(一九〇八 ~一○)・東京・日本歴史地理学会・秀英社・上中下三冊、2昭和九年(一九三四)・大阪・太宰管内志刊行会・上下二冊、3昭和一七年(一九四二)・大阪・白水社(昭和九年版の複 刊)、4昭和四四年(一九六九)・東京・歴史図書社(明治四一年版の複刊、国別年表の追 加による増真あり)、5昭和五三年(一九七八)・下関・防長史料出版社 (昭和九年版の複 刊)がそれであるが、見られるように種類としては二通りである。さて、両者の内いずれを選ぶかとなると、それぞれの好みにもよることではあるが、昭和九年版には誤植等の不備がやや目立ち、研究者の間では不評を買っている向きもある。

一方、明治四一年版には編者による周到な校注もあり、参考の資として信頼度はより高いといえる。しかし初版本は絶版となって久しく、昭和四四年版もすでに古書肆においてすら希少となっている。このたび文献出版の栗田治美氏があえて明治四一年版を求め、そ の複刊を企図されるに至ったのは、右のような現状を打開して斯界の要望に応えようとさ れたからであった。氏の英断を多としたい。

なお本書中、ごく限定された箇所ではあるが、賤称による注記がそのまま覆刻されてい る部分がある。もとより原典による。著者の意図はもはや付度すべくもないが、当時考証 家として聞えた常足としては無視できないものとしてあったと思われる。ともあれ、著者の展開する文脈にいたずらに害意をさし挟まないのが読書人のとるべき態度である。付記して大方の留意をうながしておきたい。

歴史書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら