• 出張買取
  • 歴史書

所の研究・山形市役所・小栗忠七

所の研究 山形市役所・小栗忠七

買取詳細

買取エリア
神奈川県 横浜市 南区
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
歴史書
歴史書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

所の研究 山形市役所・小栗忠七

山形市に叭々の声を挙げた者でありながら全市の町名地番を知って居る者は殆んどないと云つてよい。それほど本市の町名地番は入り乱れており、それが為に常に不自由を感じつつも明治、大正を過ぎ昭和の現代に至った。それではなぜ、それ以前に改正に着手されなかつたかと云えば、人その人を得ることができなかったために外ならないと思う。

小栗君は我国都市計画界の功労者として、夙に命名あり、建設大臣から表彰の光栄を担はれた人であるが、町名地番の整は都市計画の重要施設であり、都市計画の経験者殊に土地整理の体験者でなければ、よくすることができないとして、心よく引受けられて、自ら陳頭に立ってこの難事業に当られた。

氏が日夜研鑚努力の結晶が本書であり、自ら新規軸を樹て、法文の疑義を解決して行政実例を生ぜしめ、地方自治法まで改正に尽力されたことは大であり。これによって我国の都市は救はれるところ多々あるを思ひ、敢えてこれを江湖に推賞する所以である。

昭和二十八年 初 秋 市長室にて

山形市長 鈴木重


序說所について

私が茲で云はうとする『所』とは、場所の意義である。地方公共団体である市区町村內の土地は、則又は学と地番に別けられるが、それを総称したものである。

心会は進歩するに従って愈々複雑化するが、色々の法律や規則に出て来る「所在地」或は「住所」も、要はこの町と番地とを表示する意に過ぎない。との不可分なるべき町地番のうち町又は字は、地方自治法に規定されて、その主管は自治庁に属して知事、市町村長の管掌するととろであり、地番は土地台帳法の規定するところであって、法務省の主管に属し、地方法務局及びその出張所の所管事項である。然し同じ場所でありながら、国有地には土地台帳法が適用にならないので、地番や番地はない。全く人の生活の本拠となるべき土地行政が、このように支離滅 製の状態であつては、国民のこれに因って蒙る人格的、祉会的、経済的、有形無形の損失は実に莫大に達するものがあると思う。

一例を挙げて識者、為政者の参考に供すれば、国有地に公認される番地のないところから、刑務所で出生した者 は減の因果が子に酬って「何市何町何<刑務所内に於て出生」と戶籍に登載されるのは人格的損失と云うてよいで あらら。又町名地番の改正が全面的に行はれ難いのは人その人を得られないのは勿論だらうが、殊に主管庁を異にし て地番改正は市町村長に何等の権限も与えてないところから、我れの関知するところに非ずとすることにも因らう、 それが為や町名地番が複雑であって10万都市で電報、郵便が遅配又は配達不能とされるのが、日に電報約二通、書簡一三・四通であるととを思うと、 これは社会的 個人的損失であり、人を訪門するに迷ひに迷って行けば経済的時間的損失と云はねばならない。この不自由から国民は誰も免れたいと考えるのは、決して私ばかりではないであらう。殊に、これを整理するととによって、郵便事務だけでも上表のように一回の配達便で一○人の配達人が担当する郵便区で、改正実施後三ヶ月というものは新旧の町名番地が書かれるので幅験して平素の倍の人を必要とするけれども、これが五ヶ月後

には一七人に、七ヶ月後には一四人と減少して、10ヶ月後は旧に復し、更に一ヶ年後には九人に、一年半後には八人となった実績を示して居るを思うと、市町村の行政はもとより 運輸を掌る 運送業者,電灯瓦斯、放送の如く料金徴収を伴う業態関係にある者等の永久的利益は実に莫大となるにおいておやである。

歴史書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら