• 宅配買取
  • 刀剣書

首斬り浅右衛門刀剣押形・福永酔剣お譲りいただきました。

首斬り浅右衛門刀剣押形

買取詳細

買取エリア
東京都 港区 南麻布
東京都港区の出張買取について
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
刀剣書
刀剣書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

首斬り浅右衛門刀剣押形お譲りいただきました。福永酔剣氏の2冊本。状態にもよりますが、基本的にこちらは単品での買取も可能です。今回は状態もよいものでした。ありがとうございました。

首斬り浅右衛門刀剣押形

浅右衛門押形について。

「そうそう、首斬り何とかいうのがいましたね」

刀の試し斬りの話がでると、誰でもそういう。刀剣はもちろん、歴史 にも興味のない人までがそう言うから、山田浅右衛門の存在は、こんに ちでも大衆の関心をひいていることになる。それにも拘らず、浅右衛門 の研究はこんにちまで、未開拓のまま放置されていた。その証拠には、 浅右衛門に関する単行本は一冊も刊行されていない。せいぜい週刊誌の 記事程度で終わっている。 果たして、それでいいものだろうか――。

ノー、と答えざるを得ない。山田家の果たした社会的な役割り、刀剣 界につくした業績などを想起すると、従来の記述は、群盲、象を撫する に似ているからである。浅右衛門の本職を、首斬り役人と誤解している 人の多い事実も、それを裏書きするものである。では、浅右衛門家が社 会的に果たした役割りは何だったか――。 – 第一は、徳川将軍家の蔵刀について、その斬れ味を試すことであっ た。これが同家の本職であったが、この事実も、あまり世間には知られ ていないようである。昔から首斬り浅右衛門』で通っているのも、そ れを実証するものである。

「第二に、死刑囚の首斬りは同家のアルバイトに過ぎなかった事実であ る。首斬りは元来、町奉行配下に”討ち役同心』というものがいて、そ れがやる建て前になっていた。それを浅右衛門が代行したわけだが、こ のことは、日本刑法史上からも、大いに注目されて然るべきである。 浅右衛門の各代が刎ねた死刑囚の首の数は、いずれも数千名に上っている。江戸だけでもこれである。全国を集計したら、それこそ大な数 字になる。そんなに厳罰主義を励行しても、いっこうに死刑囚の数は減 った形跡がない。この事実は、死刑の存廃がようやく世界的に、論議の 的になろうとしている今日、多くの示唆を含んでいると言わねばならない。

第三は、死刑囚の死体をつかって、刀剣の斬れ味を試し、その位列を 定めた功績である。刀剣本来の使命は、ものを切るにある。切れない刀 は日本刀ではない。従って、この刀はどのくらい切れるか、その刃味の 良否を検することは、新しく造った大砲の試射をしてみるのと同じで、 大きな社会的意義があった。それをやった浅右衛門の功績は、大いに認 めてやらねばならない。

第四は、同家が数代にわたって取り扱った、おびただしい刀剣の資料 をモトにして、刀剣書を刊行してくれた業績である。主著『古今鍛冶備 考』の真の著者は、下巻「解説編」で述べるとおり、ほかにいるが、出 版というカネのかかる仕事だけは、浅右衛門がいなければ不可能だっ た。その点、愛刀家は同家に対して、大いに感謝しなければならない。

第五は、同家で取り扱ったおびただしい数の刀剣を、煩をいとわず、 押形にとっておいてくれたことである。それには長さや出来などの説明 のほか、誰がいつ持ってきて、どのくらい斬れたかなど、詳細な書入れ がある。これを見ると、今日ではまったく忘却の彼方にあった刀の履歴 がわかって、たいへん有難い。「押形編」を見て、 「あれ、ここにうちの刀が載っている」と、すでに歓声をあげた方もあるだろう。実は著者もその一人であっ た。本書を編集しているうちに、ぞくぞくと見知りの刀がでてきて、歓 をあげた。

まず手近かなところでは、「押形編」第一○冊にでている景光の短刀 である。これは昨年の暮れ入手したものであるが、当時は何の履歴もついていなかった。ところが、押形の書入れをみると、相州(神奈川県) 荻野山中の藩主・大久保右近将監の蔵刀とあるので、びっくりした。 第四冊にでている藤原朝臣肥前守鎮忠は、本年二月、”昭和名物 (刀剣社選定)の審査にでたものである。 伝来がわからないので、「名張 川鎮忠」と命名することになった。ところが、あとで浅右衛門押形をみて驚いた。紀州家の蔵刀で、夏目弾正という藩士が試しに持ってきてい る。それでさっそく、「夏目鎮忠」と命名し直すことになった。

この興味津々たる押形集は、全部で二十九冊という老大なもので、そ の第一冊が綴じられたのは、文政八年(一八二五)八月であった。開巻 劈頭に、「前田丹後守様内山田浅右衛門 享保五年自分」、とあるところを見ると、その時分から採ってあった押形を貼りつけて、製本したこ とになる。こういう面倒だが、実りの多い仕事に先鞭をつけたのは、山 田源六吉貞であった。この人は、六代目吉寧が文政三年早世した跡を嗣 いで、七代目の当主となっていたが、同十二年の暮れ 離縁になってい る。従って吉寧とともに歴代のうちから除かれているが、『刀剣押形』 編集の功績は永遠に讃えられるべきである。

 

第二冊も吉貞が貼り込んだものであるが、表紙に「文政七申歳極月吉 日 源六」とある。すると、第一冊よりも先に出来たことになるが、上 野帝国図書館で購入し、新しく表紙を付けたさい、「享保五年自分」と あるほうを古いものと誤認し、これを第二冊としたためである。

第三冊は表紙に「刀吟味控帳」とあるとおり、山田家へ刃味の吟味 に来たものの押形であって、天保二年(一八三一)九月 の 起筆になっている。

第四冊は表紙に「押形」とだけあるが、内容の日付けをみると、天保 十二年の分となっている。

第五冊は天保十三年九月、第六冊は同十五年二月の起筆となってい る。

– 第七冊には表紙に「天保年中刀」と、細字で追記があるが、山田家へ 持参の日付けや人名のないものが多い。しかし天保八年や巳の四月・五 月などの日付けがある。巳を天保年間とすれば、四年のこととなる。

第八冊は弘化二年(一八四九)正月から、一か年間に採った押形を、 表紙に「イロハ附」とあるとおり、イロハ順に貼り付けたものである。

第九冊はもとの表紙が失なわれているけれども、六代目吉昌が弘化三 年正月、六冊の帳面を用意して、第一(第九冊)はイ、第二(第一〇冊) はカ、第三(第一一冊)はッ、第四(第一二冊)はャ、第五(第一三冊)は サ、第六(第一四冊)はスよりと、イロハ順に押形を貼り付けていった ものである。

第一五冊より第一九冊までの五冊は、嘉永元年(一八四八)十一月に、 「五冊の帳面を用意しておいて、採った押形をイロハ順に、貼りつけてい ったものである。それで第一五冊はイ、第一六冊はカ、第一七冊はッ、 第一八冊はヤ、第一九冊はスの部より始まっている。 以上のうちから、自分の愛刀あるいは剣友の蔵刀を探し出すのも、ま た愉しいものである。

刀剣書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら