古本買取ブックセンター

目黒区上目黒・下目黒の古本買取や古書買取の事なら
古本買取ブックセンターまで

古本買取ブックセンター 東京都目黒区上目黒・下目黒の古書・古本買取り、CD・DVDや玩具の出張買取。
専門知識のない古書店では二束三文で買いたたかれてしまうような古書も、当店なら正しい眼力でしっかり評価。出張買取はもちろん、宅配買取にも対応致します。

あなたの家にねむっている古書・専門書の買取は当店におまかせください!

上目黒・下目黒 古本・古書買取事例

古本の買取価格・買取相場をご覧になれます。

買取事例紹介一覧を見る

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが対応。
長年の経験による古書・古本の適正な評価を心がけております。

選ばれる理由を詳しくみる

古本買取業者を選ぶ方法

優良古本買取り業者を探し出すコツをご紹介致します。

本の価値を正しく判断でき、信用のある古本屋を選びましょう!
大型リサイクルショップではアルバイトスタッフが査定を行なうため、本の価値や内容の知識が少なく、正確な評価ができません。当店には古書市場に詳しい専門家が査定をしますので、どのようなお宝も逃さないでお値段をお付けして買取します。
売りたい本のジャンルに強い古本屋を探しましょう!
古本屋と一口に言っても、その店の強みは異なります。自分が売りたいジャンルの本に強い古本屋を選ぶようにすると高価買取が期待できます。当店は学術書・美術書・工芸書・武道書・刀剣書などの専門書の知識が深く、その他も幅広く買取しております。
インターネットを活用し、評判の良い古本屋を見つけましょう!
取引実績が豊富で人気の古本買取専門店は、ホームページで買取価格や買取実績を掲載しています。インターネットを活用して事前に調査する事をおすすめします。見積額との差がない安心した取引をすることができます。口コミや評判などもぜひ参考にしてください。

古本・古書の買取品目

近世より前の古い本、戦前の本は、正しい評価のできる当店にお任せください!

古本買取品目一覧を見る

上記の品目の他にも買取できる古書・古本もございます。
生前整理や遺品整理、お引越しや蔵書整理で本の処分・引取り先をお探し中でしたら当店が承ります。お気軽にご連絡下さい。

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取サービスです!

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

古書・古本の買取について

専門書から学術書の買取まで幅広く対応いたします。

陶芸書・軍事書・古文書・仏教書など、比較的専門色のある分野を中心に幅広く買取価格を提示します。研究に従事される方や、趣味や仕事の関係で専門書を集めていらっしゃる方々から多くのご相談をいただいております。ISBNコードがない商品でも買取を承ります。専門書から学術書の買取まで広く対応しております。

目黒区上目黒・下目黒について

上目黒・下目黒の古書買取・古本買い取り。

上目黒(かみめぐろ)は、目黒区北部に位置をして、東部では、山手通りが南北に縦断しており、また南部には駒沢通りが通っています。そして西部には野沢通りが通っています。ほかに地域東部には目黒川が流れています。行政地名は上目黒一丁目から上目黒五丁目であり、人口は約1万9千人です。下目黒(しもめぐろ)は、目黒区東部に位置をしており、行政地名は下目黒一丁目から下目黒六丁目で、人口は約2万1千人です。下目黒一丁目と三丁目は坂が多く、中でも行人坂は都内屈指の急坂です。対して二丁目と、四丁目から六丁目はおおむね平坦です。地名の由来には諸説があり、 牧場から馬が逃げ出さないように作った畦道(盛り土)を馬畦(めくろ)を呼んだ説、五色(ごしき)不動のひとつ「目黒不動尊」(天台宗瀧泉寺)の名前に由来するという説などの説が存在をしています。観光スポットとしては、上目黒では「目黒川の桜並木」や「目黒川のイルミネーション」、下目黒では目黒不動尊としても有名な「瀧泉寺」が有ります。

古本を高く売るためのコツとは?

少しでも高く売るためのポイントを古本・古書買い取りのプロがお教えいたします。

本を持っている女性
状態の悪い古地図や雑誌、図録も需要があります。高額買取が可能です!
古すぎて状態が悪い本であっても、古地図や戦時中の資料、古いアイドル雑誌などは貴重な資料となりえます。これらは状態よりも内容が優先され、コレクターも多く存在し、市場でもあまり出回らないので高価買取となりえます。
年数が経っても本の内容が影響を受けないものは高く売れる価値あり!
専門和書や美術書、医学書や大学の教科書、岩波文庫などですと、価値が下がることなく高価買取が望めます。ご不要となった本が意外なお値段となる事例もございます。ご売却をお考えの際は当店へお気軽にご相談ください。
本のカバーや帯は、できるだけそろえてきれいな状態にしましょう。
同じ古本でしたら、新品のようにきれいな状態のものの方が需要が高いです。新品同様の状態であればあるほど、高額買取してもらえる可能性があります。

古書買取についてよくある質問

疑問な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

他店でも見積もりをしてもらっています。相見積もりは可能でしょうか?
書き込みやラインがあっても、買取をしてもらえるのですか?
書き込みやラインがあっても、買取をしてもらえるのですか?
いいえ、買い取り可能な本もございます。市場の需要とのバランスによりますが、本の価値は下がっても買取できることもございます。書き込みがあまりに多い場合はお引き取りとなる可能性もありますので、まずはご相談ください。
出張買い取りの目安は何冊くらいでしょうか?
本の内容やジャンルによりますが、東京都内ですとおよそ300冊以上を目安として出張買い取りを承ります。出張買取は荷造りから運搬までの作業を当店が全て行いますので、大量の本を処分・片付けをしたい方、廃品業者に引取をご検討中の方は是非ご利用ください。

よくある質問一覧を見る

古書・古本コラム

古書・古本に関する役立つ情報・豆知識を投稿中!

  • 有坂与太郎氏について
    有坂氏の事 古い友人を代表して 宮尾しげを 世の中に本業以外に好きな物を集めたり、行う、その気質の者を、趣味人といい、その行為を趣味と 呼んでいる。有坂与太郎さんも其の一人で、初めは川柳をたしなんだ。…
    2022年05月07日
  • 悪魔は笑っている・宮敏彦
    今回は買取とは全く無関係の本になります。大量に入ってくる本の山の中の一冊です。 女学生の友付録 長編小説・悪魔は笑っている 宮敏彦・丸山ひでゆき 昭和25年から昭和52年まで小学館より発行された雑誌女…
    2021年02月18日

コラム一覧を見る

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本 【高価買取】

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら