• 出張買取
  • 刀剣書

昭和大名等図譜・肥前刀大鑑・持込にてお譲りいただきました。

買取詳細

買取エリア
埼玉県 さいたま市北区 別所町
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
刀剣書
刀剣書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

昭和大名等図譜・肥前刀大鑑・直接持込にてお譲りいただきました。さいたま市北区の方からお譲りいただきました。お父様の遺品ということで、刀剣商では書籍は対象外とのことで当社にお譲りいただきました。ありがとうございました。

序文 

わが協会は昭和二十九年以来すでに国広大鑑、雨徹大鑑、康継大鑑を刊行し、此等の書はいずれも権威あるものとして 世評高くひろく斯界を袢益している。なかんずく康継大鑑は寒山先生の学位論文であるから申すまでもなく、以前の国広 並びに雨徹大鑑も寒山先生が中心となって編輯されたものである。この康継大鑑刊行後まもなくいまはなき肥前出身の愛 刀家で協会の評議員であられた井手徳一氏から肥前刀大鑑刊行の熱心なる要望があってまず私が内諾し寒山博士が主役、 広井雄一君が助手として資料の蒐集に着手して可能の見通しを検討し、昭和四十一年にはいよいよこの大鑑を協会の事業 として編輯し刊行することを決定して刀剣美術誌上に公式に発表し会員諸君に協力を需めたのであった。

ところが申すまでもなく肥前刀の現存する数は膣大であるので、この中から取捨選択して資料の完璧を期するには容易 ならぬものがあり、往背数年を経過した。ここに於て輿論を聴取し、一応肥前刀研究のたたき台となるものとして早く一本を纏めて刊行することとし、その役目を深江泰正君に担当させた。協会には鑑識のよい職員が少くないがその中からあ えて彼を選んだのは、彼は肥前佐賀の出身であり自然肥前刀の研究に特に熱心であるに外ならぬが、上記のごとく発端が 井手徳一氏であり井手氏の霊も深江君に期待するであろう。

当初の計画としては肥前刀全般に互っての研究を纏め同じく図版を収録する心算であったが、上記の目的のために此度 はまず忠吉の嫡流を初代から九代までとそれに土佐守忠吉までを加えたものを一本としやがて傍肥前を纏めて一本として 刊行することを誤解されたい。 また此書に掲載のものには 比較的に同作中の上出来のものであることはもちろんであるが 研究上大切な資料となる銘文、作風を表しているものはあえて上作に限っていないことを承知されたい。

終りに此書の編輯が出来るまで会員その他の方々からも実物、押形、文献的史料に亘って多くのご協力をいただいたこ とを深く感謝し、協会の旗印である「和」にふさわしい事業であったことを欣快とし、まず一本を井手徳一氏並びに寒山 先生の霊前に捧げる。 昭和五十四年四月一日

財団法人日本美術刀剣保存協会 会 長 本間順治


序文 

いまは昔のこと、国宝保存法に拠る国宝指定の諮問機関である国宝保存会の名会長で、お人柄と鑑識の両面から古美術品に関する学者好者をあ げて殿様(とのさま)とお呼びして尊敬申し上げていたのが細川護立元侯爵で、私は仕合せにも若かりし頃からこの殿様に非常に可愛がられ、終 戦後の本協会設立に際して初代会長をご快諾願えたことは私だけでなくわが国刀剣界の幸福であった。この殿様から私はいく度か昔の享保名物帳 を凌ぐものを作るようにとおすすめを受けて承諾したのであるが、私を高く買って下さる知己である殿様のご期待に叶うものを作ることは容易で なく、遂にご生前に約束を果すことが出来なかったことを切に申し訳なくおもう。しかるにたまたま昨年が本協会設立三十周年に該当するのでそ の記念にふさわしい事業を行うべく主として寒山専務理事と熟議の結果、上記の初代会長であられた殿様と私との長年の約束を、些か準備不充分 の点があるが今後の私の寿命も予測し難いことをおもい実現することに踏切ったのが本書の編輯である。

この内容は文化財保護法に拠って国が指定した国宝の刀剣のすべてとこれに準ずる重要文化財の中から選んだもの、並びにいわゆる御物と正倉 院御物の中から物色した国宝或は重要文化財と同列のもの合計三百十三口を掲載し、正しく享保名物帳を遙かに凌ぐ豪華版であることは申すまで もなく、殿様の御霊もお褒め下さるであろう。

但し顧みてなお自らいささか不満足とおもわれることは主として時間その他の関係があって重要文化財中からの選択が私の記憶に偏していること、又御物と現在東京国立博物館蔵の未指定の旧御物中にさらには選ぶべきものが残されていることである。又重美は一律に割愛したが此中から もよく再鑑査して若干は拾うべきであったとおもう。

本書の編輯はまず私が原案を作製していまは亡き寒山先生の意見を徴して想を練り、掲載決定の三百十三口夫々の刀剣の解説を私が監修のもと に殆んど協会の役職員並びに関係者が分担執筆したが、御物に関する限りはあえて寒山先生の旧稿をそのまま転載した。故人の本書の刊行に寄せ ておられた執念を憶い冥福を祈るためである。

因みに本書掲載の名刀中には製作の優秀さから或は特記すべき由緒伝来からみて頗る貴重な外装が附属しているものが少くないが、あえてこれ を除外して刀身のみに絞ったのは享保名物帳その他の古例に因るものであり、近い将来に正倉院御物を始めとして歴代の名外装を一括した図録を 刊行する念願である。

終りに本書刊行に当り調書並びに写真に関して格別の御協力を戴いた所蔵者並びに管理者各位なかんずく宮内庁特従職、正倉院事務所、文化 庁、東京国立博物館、京都国立博物館の担当官各位に対して深甚の感謝を捧げる。

昭和五十四年十月吉日

日本美術刀剣保存協会」 会 長 本間順治

刀剣書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら