• 宅配買取
  • 図録

日本馬具大鑑4冊お譲りいただきました。

日本馬具大鑑

買取詳細

買取エリア
愛知県 名古屋市
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
図録
図録買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

日本馬具大鑑4冊お譲りいただきました。歴史上の馬具を集大成した、馬具大百科、おそらく当時として馬具のみを取り扱った本はこれだけと思われます。奈良時代から中世の代表的作品・近世の装飾工芸に優れた特色ある作品など豪華絢爛な馬具を収録しています。最近は見かけることも少なくなってきました。貴重な文献です。ありがとうございました。

日本馬具大鑑

刊行の辞

人と馬との親密な関わりの歴史は、世界史的に見れば、新石器時代から青銅器時代への転換期頃に、野生馬を一定の囲い地に飼い馴らす知恵を得たところから始まったといわれています。以来、馬は人間の営みを助ける身近な動物として親しまれてきました。

しかし近代以降、産業や軍用、そして文化の発展に大きな貢献をしてきた馬の役割は次第に新しい機械にとって代わられ、今日では社会生活から殆どその姿を消してしまい、馬の姿を見ることができるのは、競馬場や乗馬クラブ、動物園などの限られた場になってしまいました。

わが国における馬の歴史を概観してみますと、古くから乗馬が一種の権威の象徴としての性格を持ちながらて交通手段やいくさの場でも重要な役割を果たし、そして人間の良き伴侶として共に歩んでまいりました。このような人間と馬と

の永い関わりは、馬術・馬医・兵馬・交通・農事・宗教・民俗などの様々な面に現れており、また、それに伴って馬や馬具に関する優れた美術・工芸品が発達してきました。

中でも乗馬のための馬具は、その機能性の追求から生まれた形態美、神威・武威を高めるための装飾美などを兼ね備えており、歴史的資料としてのみならず、一つの美的造形品でもあります。 これまで日本中央競馬会では、馬事の文化に関する各種の出版事業を行ってまいりましたが、このたびわが国の古墳時代 から江戸時代までの馬具を集大成した『日本馬具大鑑』全四巻を刊行することになりました。

図録買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら