にお住まいの方へ 古本・古書高く買取ります 美術書・武道書・刀剣書など比較的特色のある専門書を中心に幅広く買い取ります

愛知県の古本買取・古書買取りは
古本買取ブックセンターへ

古本買取ブックセンターでは、愛知県(名古屋市・豊田市・豊橋市など)での古書・古本買取、CD・DVDや玩具の買取りを宅配にてしています。
専門知識が少ない古書店は確かな査定が難しい古書でも、当店でしたら確かな眼力を用いて評価します。
他所の買取価格にご不満ならどうぞ当店にお任せください!

見積&送料無料! 箱送るだけ! /

  1. お問い合わせ お問合わせ お売りになりたいのジャンル・冊数をお伝え下さい。宅配買取は事前のお申込みを前提としております。
  2. 発送 梱包・発送 お売りになりたい本を段ボールに詰めます。身分証明書のコピー・振込先のメモも入れて、着払いにて発送をします。
  3. 査定・お支払い 査定・お支払い 本がお店に届き次第、速やかに査定を行ないます。1週間以内に査定金額をお知らせできますので、ご納得頂けましたら即日の入金を致します。

宅配買取の流れを詳しく見る

古本・古書の買取品目

近世以前の本、戦前の本などは、価値のわかる当店にお任せ下さい!

古本買取品目一覧を見る

上記品目の他に買取ができる古書・古本も有ります。
生前整理や遺品整理、蔵書整理・お引越しなどによる本の処分先・お引取り先をお探しなら、是非当店へご相談下さい。

宅配買取のご案内

日本全国どこからでも宅配買取がご利用になれます。

見積&送料無料! 箱送るだけ! /

お問い合わせ ステップ1
お問い合わせ

お電話あるいは、お問合せフォームよりご相談・お申込みが行なえますので、ぜひお気軽にご連絡ください。お電話の際には、
・お名前、ご訪問先
・売りたい本の大まかな冊数、種類
をお伺いすることで、概算での見積を提示いたします。書名や出版社、写真などの詳細な情報をいただけましたら、より明確なお見積もりも行なえます。

宅配買取は 事前のお申込みを必要としてお受けしております。
お申し込みをいただかないと、お荷物をお引き受けできませんので、どうぞご了承くださいませ。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら
梱包ステップ2
荷造り

売りたい本をダンボールに詰めます。お手数ですが、その際に下記必要書類2点を同封してお送り頂ますようお願い申し上げます。

必要書類

  1. 身分証明書のコピー
    (運転免許証・保険証・パスポート・住民票など、ご本人様確認のできるもの)
  2. 振込先が記載されたメモ

※古物営業法の規定により身分証明書のコピーが必要です。未成年者(20歳未満)のご依頼は、保護者様の同意書または保護者様の同伴が必要となります。

発送方法ステップ3
発送

下記に着払いにて発送をお願いします。

発送先

  • 〒330-0804
    埼玉県さいたま市大宮区堀の内町 1-230-2-102
    電話番号:0120-703-787
査定・お支払い ステップ4
査定・お支払い

本が到着しましたら、現品を確認し、速やかに査定を行ないます。
1週間以内にご希望の連絡方法で査定金額をお知らせしますので、金額にご満足いただけたら即日ご入金をいたします。
なお、返却希望をされる場合は、恐れ入りますが着払いにて返送をいたします。

当社手配の宅配会社がお客様の住所にて荷物を集荷した場合、お客様ご本人名義の口座に代金を振り込みいたします。

お客様が自ら発送手続きを行った場合、古物営業法上、本人確認が必要なため『本人限定受取』の現金書留にて代金を送付いたします。
(なお、お客様に現金書留の追加費用は発生いたしませんのでご安心ください。)

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

愛知県の古本・古書買取事例

古本買取の参考価格や買取相場をご覧いただけます。

買取事例紹介一覧を見る

古書買取についてよくある質問

分からないことがございましたらお気軽にご連絡ください。

もし宅配買取の査定金額に満足できなかったらどうなるのですか?
値段が付かないような本、もしかして返送されるの?
値段が付かないような本、もしかして返送されるの?
いいえ、当店にて適切に処分を致します。
もし、ご返却をご希望される際には、着払いにて返送しますので、その旨をご連絡ください。
事前の申し込みなしで、本を送付してもよいですか?
宅配買取をご利用頂く際には、事前のお申込みが必要となります。
お申込みが無い場合には、お荷物をお引取りできませんので、ご了承をお願いします。

よくある質問一覧を見る

古本買取業者を選ぶ方法

優良古本買取り業者を探し出すコツをご紹介致します。

本の価値を正しく判断でき、信用のある古本屋を選びましょう!
チェーン系リサイクルショップでは、査定についてはアルバイトが査定をしているので、本の内容や価値よりもすぐ売れるかが重要視され正確な評価がされないことが多くございます。当店なら古書市場の動向に精通している専門家が査定を致しますので、どんなお宝でも見逃すことなく正しいお値段をお付けできます。
売りたい本のジャンルに強い古本屋を探しましょう!
同じように思える古本屋でも、ジャンルごとの強みが異なっています。自身がお売りになりたいジャンルに強い古本屋を選択すれば高価買取が望めます。当店では学術書や書道書、美術書や刀剣書などの専門書の知識が深く、その他のジャンルについても幅広く買取対応をしています。
インターネットを利用し、評判の高い古本屋を探しましょう!
取引実績が豊富で人気の古本買取専門店は、ホームページで買取価格や買取実績を掲載しています。インターネットを活用して事前に調査する事をおすすめします。見積額との差がない安心した取引をすることができます。口コミや評判などもぜひ参考にしてください。

古本を高く売るためのコツとは?

少しでも高く売るためのポイントを古本・古書買い取りのプロがお教えいたします。

本を持っている女性
古すぎる雑誌や古地図等でも需要あり!高額買取できます。
昔のアイドル雑誌や古地図、戦記など、古い資料はたとえ状態が悪くても貴重な資料となります。これらは内容的に価値が高く、コレクターも多く存在します。市場にも出ることが少ないので高価買取となる可能性が高いです。
年数が経っても本の内容が古くならないものは高く売れます。
専門和書や美術書、医学書や大学の教科書、岩波文庫などですと、価値が下がることなく高価買取が望めます。ご不要となった本が意外なお値段となる事例もございます。ご売却をお考えの際は当店へお気軽にご相談ください。
本のカバーや帯は、できるだけそろえてきれいな状態にしましょう。
同じタイトルの古本でも、発売直後のような綺麗な状態の本の方がお客様の需要が高いです。新品に近いほど高額買取の可能性が期待できます。

古書・古本の買取について

専門書から学術書の買取まで幅広く対応いたします。

古本買取ブックセンターでは美術書・軍事書・武道書・仏教書など、比較的専門性の高い分野をメインに幅広く買取をしております。研究者や教員の方々、また趣味やお仕事で専門書を収集されている方々より多数のご相談をいただいております。ISBNコードが記されてい無くても買取は可能です。専門書や学術書の買取と広く対応しております。

愛知県の宅配買取り
対応地域

愛知県の古書買取・古本買い取りは当店にお任せください。

愛知県内の宅配対応地域

  • 愛西市
  • 阿久比町
  • あま市
  • 安城市
  • 一宮市
  • 稲沢市
  • 犬山市
  • 岩倉市
  • 大口町
  • 大治町
  • 大府市
  • 岡崎市
  • 尾張旭市
  • 春日井市
  • 蟹江町
  • 蒲郡市
  • 刈谷市
  • 北名古屋市
  • 清須市
  • 幸田町
  • 江南市
  • 小牧市
  • 設楽町
  • 新城市
  • 瀬戸市
  • 高浜市
  • 武豊町
  • 田原市
  • 知多市
  • 知立市
  • 津島市
  • 東栄町
  • 東海市
  • 東郷町
  • 常滑市
  • 飛島村
  • 豊明市
  • 豊川市
  • 豊田市
  • 豊根村
  • 豊橋市
  • 豊山町
  • 長久手市
  • 名古屋市
  • 名古屋市昭和区
  • 名古屋市千種区
  • 名古屋市中川区
  • 名古屋市中区
  • 名古屋市西区
  • 名古屋市東区
  • 西尾市
  • 日進市
  • 半田市
  • 東浦町
  • 扶桑町
  • 碧南市
  • 南知多町
  • 美浜町
  • みよし市
  • 弥富市

愛知県に関して

愛知県の人口は約750万人で、全国で4番目に人口の多い県です。県庁所在地の名古屋市には人口の約3分の1にあたる人が住んでいます。戦国時代の武将「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の出身地です。万葉集の中の歌で詠まれている「年魚市潟(あゆちがた)」に由来するといわれています。 廃藩置県後、県庁が愛知郡の名古屋城内に置かれたところから県名となりました。愛知県の県の木は「ハナノキ」、県の花は「カキツバタ」です。「ハナノキ」は1966年に県民投票により県の木に選定をされ、北設楽郡豊根村の茶臼山山麓にある「川宇連ハナノキ自生地」は国の天然記念物に指定されています。「カキツバタ」は1954年にNHK・全日本観光連盟などの共催により、郷土の花(県の花)に選定され、現在の知立市八橋を訪れた在原業平朝臣が、花の美しさに旅情をなぐさめ、カキツバタの5字を詠み込んでうたった(伊勢物語)が伝えられています。

古書・古本コラム

古書・古本に関する役立つ情報・豆知識を投稿中!

  • 有坂与太郎氏について
    有坂氏の事 古い友人を代表して 宮尾しげを 世の中に本業以外に好きな物を集めたり、行う、その気質の者を、趣味人といい、その行為を趣味と 呼んでいる。有坂与太郎さんも其の一人で、初めは川柳をたしなんだ。…
    2022年05月07日
  • 悪魔は笑っている・宮敏彦
    今回は買取とは全く無関係の本になります。大量に入ってくる本の山の中の一冊です。 女学生の友付録 長編小説・悪魔は笑っている 宮敏彦・丸山ひでゆき 昭和25年から昭和52年まで小学館より発行された雑誌女…
    2021年02月18日

コラム一覧を見る

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら