藍の華・刺青美人画帖 小妻要

買取上限価格 5,000円

定価16,500円
著者小妻要
出版社二見書房
出版年月2003年
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

 

When I first began designing tattoos, there were very few women willing to model, and I thought there probably wouldn’t be much! material to work with, that I’d soon run out of ideas. But I continued designing, and I’ve been doing it for thirty years now. And the reason I still can is that I’ve been able to work with many tattooists and been blessed with devoted models. I’ve been very lucky to have the opportunity to create fifteen or sixteen substantial works a year.

 

Whenever acquaintances introduce me to someone new, they describe me as a guy who does the designs for those tattoos… Everyone thinks of me as a tattoo artist. Certainly I design tattoos, but I’ve never thought of it as my life’s work, and I don’t spend all of my time doing it. Probably only a third of my working time is spent on tattoos. I guess that shows how strong an impression tattoos leave on people who see them. I’m still thought of as unorthodox as I continue to design, but I’m grateful that there have always been many understanding viewers at my exhibitions. And I don’t worry about themes or difficult artistic theories. I just want to go on enjoying the delight I get from drawing.

These days, the number of artists who still paint on the silk unique to Japanese painting has dropped away to almost none. Japanesestyle painting has changed to much heavier works created with lots of mineral-based paints. I’m not going to say that’s either good or bad, but for my own style of painting I still need silk for the delicacy and softness of expression it makes possible.

It may be tedious work mounting the silk on frames, and pasting on Japanese paper backings, but it makes the best medium for paintings of women, and especially tattoo designs. The surface of the silk allows me to create the kind of soft focus and fine detail I need for tattoos relatively easily. I have tried Japanese paper and illustration board, but I’ve realized that silk is the best medium for the work I do. With the exception of the preliminary sketches, all of the paintings in this book were done on silk, including a few works that are not designs for tattoos.

美術書・アート書の買取について

美術書・アート書 参考買取価格

美術書・アート書の買取価格一覧を見る

美術書・アート書 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた美術書・アート書の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

対応エリア

全国対応の宅配買取と関東エリアを中心とした出張買取をご用意

宅配買取 全国対応

宅配買取対応エリア(全国対応)

事前にお申込みいただければ、宅配買取もご利用いただけます。全国どこからでも送料無料! 着払いでお送りください。

北海道エリア
  • 北海道
東北エリア
関東エリア
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 群馬
  • 栃木
北陸・甲信越
東海エリア
関西エリア
中国エリア
四国エリア
  • 香川
  • 徳島
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄
エリア
  • 福岡
  • 大分
  • 宮崎
  • 熊本
  • 佐賀
  • 長崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

宅配買取強化エリア

出張費無料 ご自宅までお伺い

出張買取対応エリア

古本・古書出張買取は、埼玉県・東京都を中心にお伺いしております。埼玉県内なら当日買取にも対応致します。
買取内容・量によっては、遠方でも出張買取りにお伺い致します。

※出張買い取りは、内容により異なりますが、300冊以上~が目安となります。

出張買取対応エリア詳細

出張買取強化エリア

埼玉県
東京都
神奈川県

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら