• 出張買取
  • 図録

背を飾る・東北の装飾衣類展 等各種図録お譲りいただきました

背を飾る・東北の装飾衣類展 等各種図録お譲りいただきました

買取詳細

買取エリア
東京都 板橋区
東京都板橋区の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
図録
図録買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

図録をお譲りいただきました。その中から気になったものを何点か紹介させていただきます。桂盛仁さんは人間国宝に指定されておりますが、その割に図録はあまり見かけないような気がします。

桂盛仁・彫金の世界

ごあいさつ
我が国の金工の長い歴史の中で、静かにその存在を主張する彫金技法。 桂 盛仁先生は、父祖代々江戸金工の流れを汲み、その伝統的な彫金技法を受け継ぎながら、 独自の感性を織りまぜた美の世界を創り出してこられました。 永年の経験によって改良に改良をかさねた藍。 金属のもつ特性を見抜き、適材を適所に配置する精緻で洗練された技。 そして天性の美意識・・・。

そのすべてを動員して生み出される動植物たちは、金属とは思えぬほどあたたかく、愛らしく、 今にも動き出しそうな生命力を秘めています。 この道一筋に四十年を歩んでこられた桂先生の初の個展を開催させていただくはこびとなりま した。花器、香炉などの大作から帯留、ブローチなど、約八十点を一堂に展観致します。 お人柄そのままに温雅で優美な作品の数々を、是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。
平成18年10月
日本橋三越本店


日本に根づいた彫金術

桂盛仁さんは、江戸金工の流れを汲む、現代の彫金作家です。明治9年に廃刀令が公布され たとき、鐔、目貫などの装剣金具を作っていた金工職人は食い扶持を失い、製作物を花瓶、香炉、 指環、卸、帯留、貰入、煙管などへと転じていきました。そのなかに名工の誉れ高い豊川光長が いたのですが、桂さんはその弟子筋で、五代目にあたります。

ですから、桂さんの仕事には影鍵、象嵌、打ち出しなど、きめ細かい江戸の彫金術が受け継が れています。しかし、そこにはほのかなロマンティシズムも漂っています。とくに高肉打ち出しによって 象られた、鹿、牛、カンガルーなどには、茫洋とした味わいがあります。

一枚の金属板を裏側から叩いて盛り上げていく打ち出しの技法が、必然的に、おおらかな形 を生みだすのでしょうか。それだけではなさそうです。古代人の作る動物像はどれもが純朴な姿 をしていますが、桂さんは時空を超えて、その純朴さを保ち続けているかのようです。

打ち出しの技法は、紀元前の地中海沿岸で生まれ、その後各地で動物像を残してきましたが、 桂さんはこの技法を習得する過程で、しらずしらずのうちに、古代人の動物を見る素朴な目を追体 験してきたのかもしれません。 「桂さんは打ち出しで、鳩、天牛、蜥蜴、めだか、蛙などの小動物も作りますが、そこには日本文 化に特有な身辺の自然にたいする親近感があふれています。それらの愛らしい姿は、打ち出し技 法が極東の地で出会った、動物を見る独自な目の表現だったのでしょうか。

京都工芸繊維大学助教授 樋田豊郎


ごあいさつ

彫金家の家に生まれた私はコツコツという金鎚の音が子守唄でした。
創作の喜びに浸って四十年余、先代からの技術の伝承に努めつつ、新しい創造を求め自己研鑽を重ねて参りました。
この度三越美術部のご厚意により個展を開催することになりました。
ご高覧とご批評を頂ければ幸いに存じます。

桂盛仁


人間国宝・桂盛仁・金工の世界・江戸彫金の世界

桂盛仁(昭和19/1944生)は長年に亘り練馬区に在住し制作を続けている、人間国宝に認定された金工作家です。

江戸時代初期から続く彫金の一派、柳川派の流れを汲み、明治・大正・昭和期かけて、煙草入 れなど装身具の彫金で大人気を博した二代豊川光長、桂光春を輩出した流派で、伯父である光春を継いだのが盛仁の父、桂盛行(大正3~平成8/1914~96) となります。

父、盛行のもとで修行した桂盛仁は打ち出しや、象嵌、色絵等の技法を駆使し、日本伝統工芸 展などで高い評価を得てきました。宮内庁買い上げ、文化庁長官賞を受賞するなど研鑽を積み、 平成20年 (2008) に重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)に認定されています。

昨今、明治期の卓越した工芸作品を“超絶技巧”と称し、ロストテクノロジーとしての評価が なされてきていますが、そうした工芸の技術は脈々と受け継がれてきていることは、柳川派、 そして桂盛仁の金工を見ると明らかです。

この展覧会では、桂盛仁の初期から近作までを通観するとともに、桂のルーツである、盛行、 そして、光長、桂光春の作品も併せて展示し、今に生き続ける江戸彫金の技を再認識する展覧 会です。

最後になりましたが、本展開催にあたり、貴重な作品の出品をご快諾くださいました美術館、 博物館をはじめ所蔵者の方々、ならびに桂盛仁氏ご自身のお力添えに対し、心から感謝の意を表します。


背を飾る・東北の装飾衣類展

庶民の伝統的な衣服等の中には背に独特な髪をしたものがありま した。これらはおしゃれ着としてのほか、祝い事、魔除けなどの意味を 含んでいる場合もあります。装飾の方法も、編んだもの、刺したもの、 染めたものなどさまざまです。

この特別展は国指定の重要有形民俗文化財を含む東北地方各地の特的な資料を一堂に収集し、民俗学からみた庶民の衣生における一面を紹介するとともに、その美意識を探ってみようとするものです。

終わりに、貴重な作品をご出品下さいました各機関ならびに所蔵家の 方々、ご協力を賜りました関係各位のご好意に対し、心から謝意を表します。

平成4年10月
青森県立郷土館長伊藤宏

図録買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら