• 宅配買取
  • アーティスト・アイドルの雑誌・グッズ

ウォーカーブラザーズ特集号などお譲りいただきました

ウォーカーブラザーズ特集号

買取詳細

買取エリア
埼玉県 戸田市
埼玉県戸田市の出張買取について
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
アーティスト・アイドルの雑誌・グッズ
アーティスト・アイドルの雑誌・グッズ買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

ウォーカーブラザーズ特集号などお譲りいただきました。「現在イギリスでビートルズやローリング・ストーンより多くの警官を動員しなければ、そのコンサートが無事に行われない」とあるようにこの時期にはビートルズやローリングストーンズに匹敵する人気があったようです。日本でもブームを巻き起こし日本武道館での公演はビートルズに続き2番目に行われたそうです。こちらも2度と手に入れられないような気がします。予想通り海外の方が購入していきました。ありがとうございました。

ウォーカーブラザーズ特集号
ウォーカーブラザーズ今日は
栄光のウォーカーブラザーズ 
The Walker Brothers

ウォーカーブラザーズ特集号

現在イギリスでビートルズやローリング・ストーンより多くの警官を動員しなければ、そのコンサートが無事に行われない・・・・・・・・・メンバー全部がアメリカ人でありながら イギリスのグループより、よりイギリス的なサウンドを作 り出すグループとして知られている3人組のヴォーカル・ グループ、ウォーカー・ブラザースにはこんな話が出る程、 そのイギリスでの人気には凄いものがある。「涙でさよう なら」(Make It Easy On Yourself)を、昨1965年の秋に、そ して「太陽はもう輝かない」(The Sun Ain’t Gonna Shine Anymore) を今年の5月にと、わずか半年の間に2曲もイ ギリスのヒット・パレードのトップに送り込んでいるこの ウォーカー・ブラザース誕生のきざしは今から10年前、当 時12才だった、男の子か女の子か分らない程可愛い顔をし ていたジョン・モウズが、子役としてベティ・ハットンの 主演する“ハロー・マム”というテレビ番組に出演する話 が起った時に見る事が出来る。

この時、ベティ・ハットンが種々の条件から出演を拒否 し、そのシリーズは結局製作中止となったが、ジョンは1 人の同年輩の少年と知り合いになった。 俳優の友達がこのハロー・マム”に出演するので一緒にスタジオに遊びに 来ていたスコット・エンゲルという名の少年だった。しか しお互いに名前を知った位で、それぞれ相手を気に入らな い生意気な奴だと考えていた。

その後ジョンは俳優として、スコットは歌手としてそれ ぞれ自分の道を歩み出した。スコットは幸運な事にエディ ・フィッシャーに可愛いがられ彼と共に20近くのテレビ・ ショーに出演するチャンスをつかんだが、それも間もなく エディがエリザベス・テイラーに熱を上げ出すと共に終り を告げた。ジョンの方も同じ様な状態だった。頂度ジョン とスコットは当時、俳優と歌手という道こそ違え起った状 況は同じようなものだった。片方が良ければもう片方も良い。一方がスランプの時はもう一方もスランプというように。

この2人が再会したのはそれから5年程経った1963年の 秋、カリフォルニア州のパサザィナでの事だった。彼等が デュエット・グループを作る事を決るまでそう大して永い 時間は必要でなく、2人はすぐハリウッド近辺のクラブを 中心に歌い始めた。

しかし間もなく、デュエットではやはり弱いのでトリオ にしようという意見がどちらからともなく持ち上り、加わ ったのが、その昔エルヴィスのドラマーも二、三度勤めた 事のあるというゲイリー・リーズという男だった。

イギリスへ行くべきだ。既にP.J プロビーのドラマーと してイギリスへ行って来た事のあるゲイリーは他の2人に 勧めた。 ビートルズ旋風が凄い勢で吹いていたアメリカで は活動する場所がないのを実感していた2人にも異存はな く、3人はすぐさまイギリスへ渡った。1964年の春のこと だった。

ゲイリーの思惑は見事に当り、まず「Love Her」がミド ル・ヒット、そして続く「涙でさようなら」でその名をイ ギリスはおろか、アメリカにまで有名にしたのだ。

アーティスト・アイドルの雑誌・グッズ買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら