• 宅配買取
  • 軍事書籍・戦記

兵器考・4冊 日本の火縄銃・須川薫雄等軍事書籍お譲りいただきました。

兵器考

買取詳細

買取エリア
東京都 大田区
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
軍事書籍・戦記
軍事書籍・戦記買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

兵器考・4冊等軍事書籍お譲りいただきました。砲熕編・一般部、砲熕編・海軍砲熕・小銃、古代編、近代編の4冊で構成されています。昭和15年発行で後半は図版も豊富で写真集のようです。ありがとうございました。

兵器考

宇宙は不断の戦場であつて、森羅万象は常に争闘裡にある。飛花落葉と雖も總べて優勝劣敗の現象に外ならない、人間のみが獨り此の境界を超脱して居るわけには行かない。これを歴史上に於て見ても、人類は何れの世にも弱肉強食を事とし、生存競争、自然淘汰の理に由つて弱者は滅び、強者のみが悠々盛大に赴いて子孫を後世に繁栄させることは古今東西皆さうである。近世往々唱へられる所の戦闘廃止論や軍備縮小論の如きは畢竟、不自然の空論であつて、到底自然の容許するものではない。故に古来、人類原始時代から今日に至るまで、人心は勝利を争闘に得ようとする一事に専心努力を續けて來て居るのである。

戦闘の勝敗は個人の智勇、及び腕力に由つて消長するものである事は勿論であるが、その使用する兵器の精粗に關することが甚だ大きいといふことも亦明瞭な事實で、古代に於てさへ既にさうであつた。況んや現代の如く科學の発達が頗る類著で、兵器の構造は悉く學術的機械的となり、これを操縦するに必要の動力を電力、水力、 氣力等に由つて居る時世にあつては云ふまでもない事である。

斯くの如く兵器は人類の生存上に最も重要な機器で、國家の盛衰興亡も亦之れに關することが大きい。故に兵器 の改良を圖り、その完全を期する事を寸時も忽にすることは出來ない。常に他に先んじて進行して居らなければならない。


凡例

一、此篇は、火薬や火砲が明されてから現代に至るまでの、世界の主な砲痍兵器について記述した。而して、古代篇と同じく、百聞一見に如かずといふ見地から、くだくだしい說明は省略して、挿圖に重きを置いて、一 日除外たらしむることした。

二、火砲發明後、世の中の文化が次第に進んで、終に今日の科學戦の世となり、物理學化學の應用が盆々盛んになり、豫て數學理化学の知識が充分でなければ其機構を詳知することは困難である。これは一般大衆讀者に望 びことは不可能である。故に、一切學理や専門技術的の說明は止めて、たゞ其一般を談話的に述べ、圖について一見されるやうにしたことは、前に述べた如くである。著者の苦心を諒とせられたい。 

三、記事の年代は、我國の事に関しては我暦を用ひ、外國のものに對しては其暦に從つた。 

四、人名地名其他片假名を以て書いたものは、「 」の如き符號をつけた。例へば「ナポレオン」「パリ」の如きものである。

五、本稿は、兵器の種類によつて章に別つた。 

六、表紙の圖案の兜の鍬形は、信濃國清水寺藏坂上田村麿のものと傳ふるもの、古砲は文祿の役の戰利品なる支那明時代のものである。


日本の火縄銃 こちらは英語版ではなく日本語版になります。以前はサイン本を直接手に入れられたのですが、おそらくこれは現在は絶版になっているものと思います。その時は奥様にご対応いただきました。ありがとうございました。また沢田平さんや名和弓雄さんも協力されていたようです。沢田平さんの本はまだ1-2冊当社にもありましたので、いずれ紹介したいと思います。

日本の火縄銃 須川薫雄
今回まとめたこの本は元来、外国の同好の友人達の 「もっと本当の日本の火縄銃のことを教えてくれ」 という要望に答えるべく始まった。

後記
日本の火縄銃は別名「種ヶ島」銃とも呼ばれ、 国際的にも「TANEGASHIMA」で通る特殊な火器である。 歴史的にみたその重要性と価値ははかりしれない。 しかし、現在、ほとんどの日本人はその実体を知らず、歴史を教える教師ですら、 その実物を手にしたことのある人は少いだろう。 私が日本の火縄銃に興味を持つようになり、早くも20年以上になる。

今回まとめたこの本は元来、外国の同好の友人達の 「もっと本当の日本の火縄銃のことを教えてくれ」 という要望に答えるべく始まった。 (従って、次のステップはこの英訳本を制作することになろう。) 古いものを大切にする、歴史というのは何なのか、 今の日本はどうしてこうなのか。 このようなテーマに思いをはせ、考えながら 「日本の火縄銃」を掘り下げてみたつもりである。 ほとんどの文章は仕事上、海外へ出た時に仕上げた。 シドニー、ミュンヘン、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、 バンコック、台北、ソウル、ジャカルタ、シンガポールのホテルや、 空港ロビーもしくは機中で書いた。

私の研究を知りつつ、これを精神的にささえてくれた電通の荻原益三取締役をはじめとする会社、クライアント、取引先の皆様、及び名和弓雄、赤羽通題、森重民造、沢田平、村上藤次郎の各氏に 御礼を申し上げる。

軍事書籍・戦記買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら