• 宅配買取
  • 陶芸書

復刻・大正名器鑑・高橋箒庵他陶芸書お譲りいただきました。

買取詳細

買取エリア
青森県 南津軽郡 大鰐町
買取方法
宅配買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
陶芸書
陶芸書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

復刻・大正名器鑑・高橋箒庵他陶芸書お譲りいただきました。数が多かったため数回に分けて紹介いたします。高橋箒庵の名著と言われた大正名器鑑、こちらは平成9年に発行された復刻版になります。平成期に発行され、状態がいいこともあって、こちらの方が今は手に入れにくいかもしれません。ありがとうございました

『大正名器鑑』が高橋箒庵畢生の大著であったことはあらためていうまでもなく、一個人の編纂事業としても空前のものであったといっても過言ではない。しかも『名器鑑』第一編の冒頭にしたためられている「謝恩記」によると、箒庵の当初の構想としては茶の道具全般にわたって網羅するつもりであったらしい。ところが、作業を進行させてゆくうちに容易なことではないと思ったのか、第一期の刊行計画として茶入、茶碗を刊行し、他は第二期として企画するという構想に変化し、結果的に は第一期九編で終ったのであった。

私もかなり大部の図録などの責任編集にあたった経験をもつが、かつて松永安左ェ門翁が「『大正名器鑑』を凌ぐものはまだ為されていない」といわれたように、構想をもってから刊行終了まで十六年、しかも私財を投じての編纂はまさに大事業であって、今では大出版社といえども、これと同様の事業は容易になしえないところであろう。

『名器鑑』が刊行された当時の、斯界の評判については知るところではないが、おそらく心ある数寄者は驚いたにちがいない。

またこれによって、茶の世界の歴史の偉大さが再認識されたのではないだろうか。この事業を成し遂げた箒庵の明治に生きた人ならではの壮大な気宇と、単なる数寄者の道楽ではなく、斯界に寄与しようとする態度は見事である。

また箒庵が慶応義塾に学んだあと、時事新報の記者であったことがおのずから編集姿勢にあらわれ、解説資料などの扱いに客観性が窺われる。ことに収録作品の歴史的なデータについて、古くからの文献史料を渉猟するとともに、得た史料をそのまま示すという編集方針は、まことに当を得たものであったといえる。

陶芸書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら