にお住まいの方へ 古本・古書高く買取ります 美術書・武道書・刀剣書など比較的特色のある専門書を中心に幅広く買い取ります

宮城の古本買取や古書買取りなら
古本買取ブックセンターへ

古本買取ブックセンターは、宮城県(仙台市・塩釜市・利府町など)にて古書・古本買取、CD・DVDや玩具の買取りを宅配を利用して行っています。
専門知識を持たない古書店では二束三文で買い叩かれがちな古書も、当店なら正しい眼力で確かに評価できます。
他の業者の買取価格にご満足できなかったらぜひ当店まで!

見積&送料無料! 箱送るだけ! /

  1. お問い合わせ お問合わせ お売りになりたいのジャンル・冊数をお伝え下さい。宅配買取は事前のお申込みを前提としております。
  2. 発送 梱包・発送 お売りになりたい本を段ボールに詰めます。身分証明書のコピー・振込先のメモも入れて、着払いにて発送をします。
  3. 査定・お支払い 査定・お支払い 本がお店に届き次第、速やかに査定を行ないます。1週間以内に査定金額をお知らせできますので、ご納得頂けましたら即日の入金を致します。

宅配買取の流れを詳しく見る

古本・古書の買取品目

近世以前の本、戦前の本などは、価値のわかる当店にお任せ下さい!

古本買取品目一覧を見る

上記の品目以外でも買取可能な古書や古本もございます。
遺品整理・生前整理・お引越し・蔵書整理など本の引取り先・処分先をお探しなら、ぜひお気軽にご相談・ご連絡ください。

宅配買取の流れ

日本全国どこからでも宅配買取がご利用になれます。

見積&送料無料! 箱送るだけ! /

お問い合わせ ステップ1
お問い合わせ

お電話もしくは、お問合せフォームよりご相談・お申込みいただけますので、まずはお気軽にご連絡ください。お電話の際には、
・お名前、ご訪問先
・売りたい本の大まかな冊数、種類
をお伺いし、概算での見積を提示いたします。書名や出版社、写真などの詳細な情報をいただけましたら、より明確なお見積もりが可能です。

宅配買取は 事前のお申込みを前提としてお受けしております。
お申し込みがない場合は、お荷物をお引き受けできませんので、なにとぞご了承くださいませ。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら
荷造りステップ2
荷造り

売りたい本をダンボールに詰めます。お手数ですが、その際に下記必要書類2点を同封してお送り頂ますようお願い申し上げます。

必要書類

  1. 身分証明書のコピー
    (運転免許証・保険証・パスポート・住民票など、ご本人様確認のできるもの)
  2. 振込先が記載されたメモ

※古物営業法の規定により身分証明書のコピーが必要です。未成年者(20歳未満)のご依頼は、保護者様の同意書または保護者様の同伴が必要となります。

発送ステップ3
発送

下記に着払いにて発送をお願いします。

発送先

  • 〒330-0804
    埼玉県さいたま市大宮区堀の内町 1-230-2-102
    電話番号:0120-703-787
査定・お支払い ステップ4
査定・お支払い

本が到着しましたら、現品を確認し、速やかに査定を行ないます。
1週間以内にご希望の連絡方法で査定金額をお知らせしますので、金額にご満足いただけたら即日ご入金をいたします。
なお、返却希望をされる場合は、恐れ入りますが着払いにて返送をいたします。

当社手配の宅配会社がお客様の住所にて荷物を集荷した場合、お客様ご本人名義の口座に代金を振り込みいたします。

お客様が自ら発送手続きを行った場合、古物営業法上、本人確認が必要なため『本人限定受取』の現金書留にて代金を送付いたします。
(なお、お客様に現金書留の追加費用は発生いたしませんのでご安心ください。)

古書買取に関連したよくある質問

疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

宅配買取の査定金額が納得できない場合にはどうなるの?
値段が付かないような本、もしかして返送されるの?
値段が付かないような本、もしかして返送されるの?
いいえ、適切に当店が処分を行ないます。
なお、ご返却をご希望される場合、着払いでのご返送を致しますので、お申し付けください。
事前に依頼をせずに、本をそちらに送付しても大丈夫ですか?
宅配買取は事前のお申込みを前提としてお受けしております。
お申し込みがない場合は、お荷物をお引き受けできませんので、なにとぞご了承くださいませ。

よくある質問一覧を見る

宮城県 古本・古書買取事例

古本買取の参考価格や買取相場をご覧いただけます。

買取事例紹介一覧を見る

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

古本買取業者の選び方

信頼できる古本買取り業者を探し出せる方法をご紹介します!

本の確かな価値を評価できて、信頼ができる古本屋を選び利用しましょう。
チェーン系リサイクルショップでは、査定についてはアルバイトが査定をしているので、本の内容や価値よりもすぐ売れるかが重要視され正確な評価がされないことが多くございます。当店なら古書市場の動向に精通している専門家が査定を致しますので、どんなお宝でも見逃すことなく正しいお値段をお付けできます。
お売りになる本のジャンルが得意な古本屋を探しましょう!
同じように思える古本屋でも、ジャンルごとの強みが異なっています。自身がお売りになりたいジャンルに強い古本屋を選択すれば高価買取が望めます。当店では学術書や書道書、美術書や刀剣書などの専門書の知識が深く、その他のジャンルについても幅広く買取対応をしています。
インターネットを利用し、評判の高い古本屋を探しましょう!
人気の古本買取専門店は、取引実績が多く、ホームページ上で買取実績や買取価格を掲載しています。インターネットを利用し事前に調査しておくことが大事です。見積額とのギャップがない安心した取引をするためにも、口コミや評判などにも目を通しておきましょう。

古本を高く売るコツは?

少しでも高く売るためのポイントを古本・古書買い取りのプロがお教えいたします。

本を持っている女性
古すぎる雑誌や古地図等でも需要あり!高額買取できます。
古くて保存状態の良くない本でも、戦時中の資料や古いアイドル雑誌、古地図などは貴重な資料です。その為保存状態よりも内容の方が優先となり、多くのコレクター人気もございます。市場にも出回ることが少ないので高価買取となりがちです。
年数が経っても本の内容が古くならないものは高く売れます。
専門和書・美術書・大学の教科書・医学書・岩波文庫などは価値が下がらず高価買取が期待できます。お手持ちの不要な本に意外な値段が付く場合もありますので、売却をお考えでしたらぜひ当店へご相談ください。
本についているカバーや帯は揃え、できることなら綺麗な状態で!
古本と一口と言っても、新品と同様のお品をお探しとなるお客さんが多くおられます。実際新品と同様ですと、高額買取の可能性が高まります。

古書・古本の買取について

専門書から学術書の買取まで幅広く対応いたします。

古本買取ブックセンターでは美術書・軍事書・武道書・仏教書など、比較的専門性の高い分野をメインに幅広く買取をしております。研究者や教員の方々、また趣味やお仕事で専門書を収集されている方々より多数のご相談をいただいております。ISBNコードが記されてい無くても買取は可能です。専門書や学術書の買取と広く対応しております。

宮城県の宅配買取り対応地域

宮城県の古書買取・古本買い取りは当店にお任せください。

宮城県内の宅配対応地域

  • 石巻市
  • 岩沼市
  • 大河原町
  • 大崎市
  • 大郷町
  • 大衡村
  • 女川町
  • 角田市
  • 川崎町
  • 栗原市
  • 加美町
  • 気仙沼市
  • 蔵王町
  • 塩竈市
  • 色麻町
  • 七ケ宿町
  • 七ケ浜町
  • 柴田町
  • 白石市
  • 仙台市
  • 仙台市青葉区
  • 仙台市泉区
  • 仙台市太白区
  • 仙台市宮城野区
  • 仙台市若林区
  • 大和町
  • 多賀城市
  • 富谷町
  • 登米市
  • 名取市
  • 東松島市
  • 松島町
  • 丸森町
  • 美里町
  • 南三陸町
  • 村田町
  • 山元町
  • 利府町
  • 涌谷町
  • 亘理町

宮城県について

宮城県の人口は約233万人です。東北地方の中心に位置し、県の太平洋沿岸部から奥羽山脈のふもとにかけて広大な仙台平野があります。また、西には蔵王・船形・栗駒などの山々が連なっています。世界三大漁場の三陸沖漁場もあるため、自然環境に囲まれています。宮城県の由来は、「宮なる城」の場所として名付けられた古代の郡名「宮城」と言われています。廃藩置県で「仙台藩」から「仙台県」となり、その後県庁所在地であった郡名「宮城」に改名されました。宮城県の花は「ミヤギノハギ」、県の木は「ケヤキ」です。「ミヤギノハギ」は、県が条例などで公式に定めたものではなく、「郷土の花選定中央委員会」により昭和30年3月22日に選定をされました。「ケヤキ」は昭和41年9月7日に、宮城県の木選定委員会において「ケヤキ」と決定され、昭和41年9月30日付けで県公報に公告をされました。かつては県南の柴田町に並木がつくられたといわれ、現在は仙台市定禅寺通の並木がよく知られています。

古書・古本コラム

古書・古本に関する役立つ情報・豆知識を投稿中!

  • 有坂与太郎氏について
    有坂氏の事 古い友人を代表して 宮尾しげを 世の中に本業以外に好きな物を集めたり、行う、その気質の者を、趣味人といい、その行為を趣味と 呼んでいる。有坂与太郎さんも其の一人で、初めは川柳をたしなんだ。…
    2022年05月07日
  • 悪魔は笑っている・宮敏彦
    今回は買取とは全く無関係の本になります。大量に入ってくる本の山の中の一冊です。 女学生の友付録 長編小説・悪魔は笑っている 宮敏彦・丸山ひでゆき 昭和25年から昭和52年まで小学館より発行された雑誌女…
    2021年02月18日

コラム一覧を見る

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら