140年前の江戸城を撮った男 横山松三郎

140年前の江戸城を撮った男 横山松三郎

買取上限価格 1,000円

定価
著者
出版社江戸東京博物館
出版年月2011年
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

140年前の江戸城を撮った男 横山松三郎 横山松三郎(天保9年/1838 ~明治17年/1884) は、幕末から明治という日本の転換期に、写真や石版、油絵など、西洋から伝来した当時最先端の様々な知識や技術を独自に研究、習得し、多様な芸術表現を試みたたぐいまれな人物です。

千島列島の択捉島で生まれた横山は、幕末期に渡来した写真術に興味を持ち、努力の末に習得。慶応、4年(1868)に東京両国に写真館を開業、すぐに上野池之端に移って写真館「通天樓」を開き、明治維新により荒廃した旧江戸城や、危機に瀕したお寺宝物など、歴史を記録し、時代を物語る数多くの写真を撮影します。また、写真と油絵を融合させた独自の技法である「写真油絵」を考案するなど、数々の実験的な表現にも挑戦してい ます。

今年は横山松三郎が旧江戸城を撮影した明治4年(1871) から140年目にあたります。本展では、重要文化財として指定された旧江戸城の記録写真を始め、初期から晩年にいたる作品と資料を通して、当時の最先端のマ ルチ・メディア・アーティストといえる横山松三郎の人物像を検証していきます。

最後になりましたが、本展開催にあたり、貴重な作品・資料をご出品くださいましたご所蔵者をはじめ、ご協力いただきました関係各位に心より御礼申し上げます。

主催者

図録の買取について

図録 参考買取価格

図録参考買取価格一覧を見る

図録 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた図録の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら