• 出張買取
  • 思想書・哲学書

現代日本思想体系4巻・ナショナリズム・編集解説吉本隆明等思想書・文芸書買取させていただきました。

ナショナリズム・吉本隆明編集・解説

買取詳細

買取エリア
埼玉県 志木市
埼玉県志木市の出張買取について
買取方法
出張買取
買取方法が選べます!
買取ジャンル
思想書・哲学書
思想書・哲学書買取について
買取価格

※こちらの表示金額は商品の買取金額を保証するものではございません。

担当スタッフより

本論文-日本のナショナリズム-そのものは全著作集にも収録されており、正直お値段は付けられないのですが、月報付き・帯付きのオリジナル版は比較的珍しいので紹介させていただきます。

ナショナリズム・吉本隆明編集・解説

「現代日本思想体系4・ナショナリズム」は吉本隆明全著作集・勁草書房に収録されています。ただし解説中の図版はなく、おそらくですが、巻末の著者略歴・著作・参考文献も全著作集には収録されていないものと思われます。また収録作品の冒頭には吉本氏のものと思われる数行の解説が付されています。これも全著作集には収録されておりません。

本オリジナル版と若干の違いはあるようです。収録されている明治期の作品は現代人にとってはとても読みにくい感じですね。

ナショナリズム 編集・解説 吉本隆明

いわば強制のかたちで進行した近代化に対して、民族の血肉と伝統 のなかに思想的自立の道をさぐろうとする強固な精神の流れがここ にある。新しい視点から明治以来のナショナリズムの一系譜をたどり、大胆な仮説を打ち出す注目すべき解説を付す。

心情
「韓山紀行」山路愛山 1904年
「日蓮上人とはいかなる人ぞ」高山樗牛 1902年
「神風連」石光真清
「弔鐘」石光真清

論理と展開
「日本の歴史における人権発達の痕迹」山路愛山 1897年

山路愛山、名は弥吉。徳富蘇峰の民友社系の論客である。私は愛山について論ずる資格を持たないが、 愛山文集中の蘇峰の記するところによれば「もし君にしてその勢力を一個もしくは数個の題目に集注し、之をもって畢生の事業と做さんか乎。其の成績の分量は半なるも其の品質は之に倍するものありしならん。乃ち頼襄以後の第一人たる史家として、千載不朽の名を、天地の間に止めたらんも未だ知る可からざりし也。」すなわち主題を狭めて深く追求していたら頼山陽以後の史論家として第一人者だったろうと述べている。吉本隆明 日本近代詩の源流  透谷愛山論争より

「将来の日本」徳富蘇峰 1886年
「近時政論考」陸羯南 1891年
「国家改造計画綱領」中野正剛 1933年
「大義」杉本五郎 1938年
「近代の超克」竹内好 1959年

思想書・哲学書買取事例

買取価格・買取相場の参考にご覧ください

買取事例紹介一覧を見る

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら