日本武術伝書集・雑載編

日本武術伝書集・雑載編

買取上限価格 5,000円

定価
著者日本総合武道研究所
出版社
出版年月平成11年
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

日本武術伝書集・雑載編 発行部数が少なく、市場に流通する部数は僅少かもしれません。自顕流目録など本邦初出の流儀なども掲載されています。

起倒流本体

起倒流は「乱」とか「鎧組討」とか称して、「柔術」の 語は使用しない。後には「柔道」の語を使用している。

茨木専斎を流祖とする起倒流は、その時代、技法のみが 先行して、未だその真理 (心理)を得なかったことにより、 新陰流の柳生但馬守とともに東海寺沢庵老師に参禅して、 但馬守は「諸仏不動智」を、専斎は「本体」「性銃」の二 書を与えられた。僅か八行の一文が権威を有し、流儀を代 表する伝授巻としての位置を固持しているのは以上の経緯 による。

気を扱うには欲心を去り、人が生まれつき有している本 体、すなわち明鏡の如き心に立ち戻らなければならぬ。そ れには、体を正しく保ち、私心を去って心を正しく保つ。 それが流儀の修行だと起倒流は説く。

本伝授巻は滝野遊軒の門人高橋要人興勝が安永九年(一 七八〇)に一度中嶋佳蔵に授けたものを、享和元年(一八 〇一)に蔵の子息と目される忠次郎に授けている。忠次 郎への伝授文は、伝授巻の裏に記してあり、筆跡を変えて いる。高橋の花押は譚である興勝の「興」の一字体である が、形態がユニークである。

講道館では「古式の形」の習得者にこの本体の巻を伝授 したらどうだろう。「温故知新」の時代になった。

武道書の買取について

武道書 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた武道書の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら