名物刀剣・宝物の日本刀 Treasured Japanese Swords

名物刀剣・宝物の日本刀 Treasured Japanese Swords

買取上限価格 2,000円

定価
著者
出版社佐野美術館
出版年月平成23年
ISBNコード978-4-915857-4

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

名物刀剣・宝物の日本刀 Treasured Japanese Swords

名物・名刀の銘が語るもの一 渡邉妙子
はじめに

日本の名刀は、古代から種々の由緒によって称えられてきたものが多い。その中でる江戸時代の享保年間(一七一六~三六)に編纂された『享保名 物帳」に掲載された名刀が特別に「名物」と呼ばれている。その名物には、たとえば「厄丁正宗」のように愛称ともいえる「銘」が付けられている。この 銘は、「享保名物帳』編纂の時以前から呼び習わされたものが多く、これには諸々の歴史的意味が含まれている。これを「名物の銘」と呼ぶことにする。 「享保名物帳』の研究は多くの学者が手掛けているが、特筆すべきは、辻本直男氏による『図説刀剣名物帳』(註1)である。またその「名物」の生成 から「享保名物帳』までの成り立うは、佐養豊三氏の「名物刀剣の銘について」(註2)に詳しい”辻田吉堯氏は「名物刀剣に関する考察」として『刀剣美術』(註3)に本阿弥光忠が将軍徳川吉宗に提出したという事実の有無に疑問を投げかけている。 一方、日本刀には古くから鍛冶の名が刀剣の茎にで刻まれている。それる「銘」と呼んでいる。その銘には、刀工自身が刻んだもの、後に持ち主が 刻んだもの、また鑑定した人が刻んだものなどあり、これらの銘は歴史的種々の事象を物語っている。そして、名高い刀工の銘が刻まれた刀剣の多くが、『享保名物帳』に選定されている。

刀剣書の買取について

刀剣書 参考買取価格

刀剣書参考買取価格一覧を見る

刀剣書 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた刀剣書の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら