棚守房顕覚書付解説

棚守房顕覚書付解説

買取上限価格 2,000円

定価
著者福田直記
出版社
出版年月
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

房顕覚書は、厳島の歴史を語り、厳島神社を調べ、戦国時代の豪族大内氏・毛利氏等を 研究するには欠くことのできない貴重な資料の一つである。このことは、古来諸先輩の認 められたところであり、且つ活用されたところである。また、当時の世相を知るためにも 重要な資料であることは言を俟たない – 房顕覚書の原本は野坂家に秘蔵されている。また、これを書写したいわゆる修補本(明 治十七年厳島神社の祠官村田良穂氏による)も野坂家の所蔵に属している。ほかに、大学 史料編纂掛所蔵本がある。この本を続々群書類聚史伝部に収められている。

このたび宮島町教育委員会において単行本として出版されることになった。まことにあ りがたいことである。これを機会に、表記を普通の表記法によることとして読みやすくし、 理解の資とするために村田氏の修補本にある注解を記入し、若干の解説を加え、参考とな ると思われる他書の文を挿入し、巻末に年表を付し、房顕を知るための資料を集め、覚書 について解説をし、時代差はあるが厳島道芝記(元禄十五年刊)の社家・供僧・内侍・諸 役人・神人の表を掲載した。

ここに出版されるものは、誤謬もあり、寸足らずのものも多いことであろうが、将来の 完成を期して、諸先輩のご教示を待つためと、研究者のために何らかの参考となり、手が かりともなればと念願し期待するものである。

起稿にあたって、いろいろご教示を賜わり、村田氏の書写本を貸与くださった厳島神社 宮司野坂元定氏に、ここに深甚の敬意を表するとともに、深く感謝するものである。

歴史書の買取について

歴史書 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた歴史書の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら