江戸幕府日記・姫路酒井家本・12冊

買取上限価格 50,000円

定価
著者藤井譲治
出版社ゆまに書房
出版年月2003年
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

本日記は、明暦の大火以前は焼失したとされる「柳営日次 「記」を補う写本中最高の善本で、江戸幕府初期・確立期の – 研究上極めて重要且つ不可欠な第一級近世史史料である。


日々の行事を詳細に記録

将軍の動向を中心に、江戸城での年頭・八朔などの諸儀 礼、寛永寺・増上寺への参詣、日光社参、老中をはじめ とする幕府諸役人の任免、発布された法令、大名の参勤 または領地の暇、改易の転封、公家衆の江戸下向、大 名・旗本の婚姻の許可などあらゆる幕府に関する事を将 軍右筆の手で詳細に記録する。


質・量ともに充実した日記

底本「姫路酒井家本」は、現在姫路市立城郭研究室所蔵。 「御文庫」保管本を写本したものと思われ、寛永八年か ら寛文十三年まで七九巻。質・量ともに充実している。 本書はその内、寛永八年より明暦四年まで、計二十八年 間を影印復刻。


江戸幕府の正史「徳川実紀」の典拠

本日記の原本は、江戸幕府の正史「徳川実紀」に典拠と して用いられ、同書に漏れた記述を多く含んでいる。江戸初期の「江戸幕府日記」は原本・写本とも殆ど残存し ないが、酒井家本は原本の形を伝える質量ともに最も良 質な写本である。従来初期幕政研究は「徳川実紀」の記 述に多く依拠しており、本日記は江戸時代研究の空白を 埋める極めて重要な史料である。


初めての刊行・鮮明な印刷

全冊、新たに間紙を入れて撮影し直すなど、出来うる限り鮮明な状態の出版を心がけ た。また、各頁には該当する日記の年月を柱に記すなど閲覧の便を図った。本史料の 刊行は初めてのことである。

歴史書の買取について

歴史書 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた歴史書の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら