華郵集錦・水原コレクション

華郵集錦・水原明窓コレクション・6冊

買取上限価格 30,000円

定価
著者水原明窓
出版社日本郵趣出版
出版年月1978年
ISBNコード

※買取上限価格は、日焼け・汚れ・書込みなどがない状態での価格となります。
また、市場価格や在庫状況などにより変動する場合がございます。

この商品について

華郵集錦・水原明窓コレクション・6冊揃いでの買取価格となりますが、残存部数も少ないものと思われますので、単品での買取も可能です。その場合の買取価格は個別にお問い合わせください。

原案作者の推測

中国最初の切手く火竜の図案について、 それは当時の上海工部局書信館の切手を模し たものだと、説明する郵趣書を見る事がある が、それは表面的である。上述したように、 慎重な計画の末、結果的に上海工部局の最初 の切手と同じになったので,完全な模倣と は言えない。ただ原案の図の構成の仕方(ア イデア)は全く同じで,現代だったら著作権 に触れるだろう。

この原図原案者は誰なのか、決定的な結論 は出ていない。極く古くは海関にいたフラン ス人, R. A. de Villard だろうかと考えら れていたが,根拠は薄弱である。ドイルのコ ール・ハンドブック Kohls Briefmarken Handbuch は, 海関にいた米系職員のモース (Hosea Ballou Morse, 中名:馬斯あるいは 麼士)であると書き,また馬氏国郵図鑑も, その説をとっている。

私はデヴラードでも,モースでもなく,中 国人の画家であったろうと想像している。こ れは上海工部局書信館切手と較べ,中国文字 が正確な事からの推察である。ただ原案は外 国人かも知れない。フレーム線や英文がペン で書いてあるからだ。上海切手の一次セット の文字は,明朝体の正確な活字だが,1866年 の二次セット(工部小竜第1次版)は,版下 を外人が書いたせいか、字画が崩れている。

書道の研究でもしない限り,外国人が毛筆で, しかも数ミリ角の大きさに、達筆な漢字を書 けるだろうか。

勿論このような初歩的な着想は、既に行な われて然るべきなのに、いまだ内外の郵趣論 文のどこにも見られないのは、不思議としか 言うしかない。

切手・郵便関連の本の買取について

切手・郵便関連の本 参考買取価格

切手・郵便関連の本参考買取価格一覧を見る

切手・郵便関連の本 買取事例

古本買取ブックセンターで買い取らせていただいた切手・郵便関連の本の一部をご紹介

買取事例紹介一覧を見る

古書・古本買取品目

古本買取ブックセンターが選ばれる3つの理由

古本の町・神田の古書市場に精通し、売却相場も熟知したスタッフが査定いたします。
長年の経験による古書・古本買取の適正な評価は、当店におまかせください。

選ばれる理由を詳しくみる

買取方法

全国対応の宅配買取と、関東エリアを中心とした出張買取をご用意。

個人様・法人様問わず、古本・古書の大量買取も大歓迎です。
大手買取店・古本屋で値段の付かなかった本もご相談下さい。
※量や内容によりまして、お伺いできない場合もございます。

お問い合わせ

ご相談・お見積り無料!
買取手数料は一切ございません。
近世以前の古書・戦前の古本を高価買取。

  • お電話からのお問い合わせはこちら、電話受付時間 月曜~土曜 10時~18時、フリーダイヤル 0120-703-787
  • WEBからのお問合せ、無料見積・買取のご依頼はこちら